快盗ブラック・タイガー

かいとうぶらっくたいがー Tears of the Black Tiger
上映日
2002年7月27日

製作国
タイ

上映時間
100分

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

身分違いの恋とアクションを西部劇調に描く異色活劇。監督・脚本は、これが監督デビューで脚本には「ナンナーク」などがあるウィシット・サーサナティヤン。撮影は「ダーク・サイド・ロマンス」のナタウット・キッティクン。音楽は「アタック・ナンバーハーフ」のアマンボン・メタクナウット。美術は「ナンナーク」のエク・エームチュン。出演はCMやTVを中心に活躍するチャッチャイ・ガムーサン、モデル出身でこれが映画デビューとなるステラ・マールギーほか。

「快盗ブラック・タイガー」のストーリー

太平洋戦争から9年後、裕福な一家の娘であるラムプイ(ステラ・マールギー)と、スパンブリ村の村長の息子であるダム(チャッチャイ・ガムーサン)は、バンコクで運命的な再会を果たす。2人の友情は恋へと発展するが、二人の蜜月は長く続かなかった。久々に故郷に戻ったダムが目にしたのは、村長の座を狙う盗賊たちに殺された父の亡骸。復讐に燃えるダムは、地元の悪党集団の一員になる。そして凶悪な親分ファーイ(ソムバット・メタニー)が最も信頼する子分にまでのし上がり、「黒い虎」の異名で恐れられる存在となった。ラムプイは、盗賊に身を落としたダムをまだ愛していたが、父親はガムヂョン警部(エーラワット・ルワンウット)に彼女を嫁がせようとしていた。泣く泣くラムプイは、警部との婚約を承諾する。ところがガムヂョン警部は、ファーイの一味に捕らえられ、ダムが処刑係を命じられる。しかしダムは彼がラムプイの婚約者だと知り動揺、ガムヂョンを逃がす。それにより、裏切り者として仲間から狙われることになったダムは、やがて命を落とし、ラムプイとは悲恋に終わるのだった。

「快盗ブラック・タイガー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「快盗ブラック・タイガー」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 タイ
製作年 2000
公開年月日 2002年7月27日
上映時間 100分
製作会社 フィルムバンコク
配給 日活=トライエム
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 DTS

「快盗ブラック・タイガー」のみんなのレビュー

「快盗ブラック・タイガー」のレビューを書く

「快盗ブラック・タイガー」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?