STACY

すてーしー
上映日
2001年8月18日

製作国
日本

上映時間
80分

ジャンル
ラブロマンス ファンタジー

ここが見どころ

ゾンビ化した少女たちの純愛を描いたスプラッタ・ファンタジー。監督は「痴女電車 さわり放題」の友松直之。大槻ケンヂによる原作を基に、「痴漢タクシー エクスタシードライバー」の大河原ちさとが脚色。撮影を「誘い妻 不倫でお仕置き」の飯岡聖英が担当している。主演は、「EKOEKO AZARAK」の加藤夏希と「風花」の尾美としのり。HD作品。ビデオプロジェクターによる上映。

「STACY」のストーリー

21世紀初頭、世界各地で15歳から17歳までの少女たちが突然死し、人間を襲う屍体となって蘇る現象が発生。人々は彼女たちをステーシーと呼び、国連はステーシーを永遠の眠りにつかせる”再殺“を実施した。そして、その権利がステーシーの親族と恋人に与えられたが、どうしても再殺出来ない者にはロメロ再殺部隊が代わりにその執行にあたった。またそのような中、自分の再殺を愛しい男性に依頼する費用欲しさに、違法の再殺団を結成する少女たちも出現。だが、ステーシー研究の第一人者である大脳生理学の権威・犬神助清博士をしても、少女たちがステーシー化する原因は相変わらず掴めないままだった。ある日、小さな劇団の人形使い・渋川の前に、天使のような美少女・詠子が現れる。ステーシーになる前に見られるN.D.H(ニア・デス・ハピネス)、即ち臨死遊戯状態の症状が表れ始めていた詠子は、死ぬまでの間、人付き合いの下手な渋川の側にいる代わり、再殺の権利を貰って欲しいと彼に告げた。突然のことに戸惑いを隠せない渋川は、しかし次第に彼女を愛おしく想うようになっていく。だが、遂にその時はやって来た。彼は、ステーシーになった詠子を生前プレゼントされていたチェーンソーで切り刻んだ。それから数十年後、ステーシーは人々を襲わなくなり、いつしか男性と愛し合うようになり子孫を増やした。そして、その子孫は進化の最終形態と呼ばれ、世界中を愛で包んだ。そう、少女たちがステーシーになった原因は、この為だったのかもしれない。

「STACY」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「STACY」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス ファンタジー
製作国 日本
製作年 2001
公開年月日 2001年8月18日
上映時間 80分
製作会社 ギャガ・コミュニケーションズ(制作協力 幻想配給社)
配給 ギャガ・コミュニケーションズ(配給協力 リベロ)
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「STACY」のみんなのレビュー

「STACY」のレビューを書く

「STACY」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/29

ジャック・リヴェット(2016)

アニエスの浜辺

「落穂拾い」のアニエス・ヴァルダ監督による自伝的ドキュメンタリー。生い立ちや家族、友人、思い出の地、亡夫ジャック・ドゥミ、ヌーヴェル・ヴァーグ、ハリウッド等、彼女自身が語り、過去の作品やインタビュー、心象風景を交えながら現在と過去を繋いでいく。出演はアニエス・ヴァルダ、ジャック・ドゥミ、マチュー・ドゥミ、ジャン=リュック・ゴダール、ジェーン・バーキン、カトリーヌ・ドヌーヴ、ハリソン・フォード、ジム・モリソンなど。まもなく81歳になるアニエス・ヴァルダがベルギーの浜辺に立ち、鏡を並べる指示を出している。その鏡には海やアニエス自身、人影等が映りこむ。振り返ると彼女の人生には、いつも浜辺があった。子供時代を過ごしたベルギーの浜辺に始まり、戦火を逃れて疎開した南フランスの港町セート、夫であるジャック・ドゥミと渡ったアメリカ・西海岸……。自身、家族、友人、そして夫について思いを馳せながら続ける旅は、アニエスの個人史であると同時に、第二次世界大戦、戦後、ヌーヴェル・ヴァーグ、フラワーチルドレン、ウーマン・リヴ……、さながら現代史、そしてフランスの芸術史でもあった。

ランジェ公爵夫人

19世紀フランスを代表する作家、バルザックの同名小説を「美しき諍い女」のジャック・リヴェット監督が映画化。パリを舞台に繰り広げられる、貴族階級の女性と無骨な軍人の数奇な運命の恋物語。主演は「恋ごころ」のジャンヌ・パリバールと、ジェラール・ドパルデューの息子で「ポーラX」にも主演したギョーム・ドパルデュー。