ココナッツ

ここなっつ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

サム・H・ハリス氏により最初に演出せられたるジョージ・S・カウフマン氏の原作舞台劇よりモーリス・リスキン氏が脚色し、「壁の穴(1929)」「ナイトクラブ」の俳人監督者ロバート・フローリー氏がジョージフ・サントリイ氏と共同監督したもので、ブロードウェイの有名な寄席芸人グルーチョ、チコー、ハーポ、ゼッポ、のマルクス4人兄弟が主演し、舞台出身のメーリィ・イートン嬢、同じくオスカー・ショウ氏、ケイ・フランシス嬢、シリル・リング氏、マーガレット・デュモン嬢その他が出演したレビューを取り入れたナンセンス喜劇である。カメラは「壁の穴(1929)」「手紙」「新聞記者」のジョージ・フォルシー氏が担任。

「ココナッツ」のストーリー

フルリダの海岸にあるココナッツ荘園の持ち主で至極呑気者のハンマーという男が経営するホテルは一向に繁盛せずボーイの給料すら払えなかったがハンマーは平気なものだった。滞在客の1人で金持ちのポッター未亡人は同じ滞在客でボストンの資産家の息子だと称するハーベイという男の言葉を信用して自分の娘ポリーと結婚させようと考える。だがハーベイはその実、資産家のわけでもなんでもなくポッター未亡人の財産を狙う不良青年であり、未亡人の娘ポリーはホテルの事務員ポップと恋仲であった。同宿のペネロープというモガはハーベイに入れ知恵してポッター未亡人が大切にしている首飾りを盗み出させこれを種にポリーとポップの仲を割こうとした。そしてもしことがバレかかった場合には折柄現れた2人の浮浪人チコーとハルポーに罪をきせてしまおうと考えた。仕事はうまく行って盗み出された首飾りは荘園の切株の空洞へ隠された。呑気者のハンマーも苦しくなってココナッツ荘園の地所を競売することになった。せり売は予めチコーがサクラとなって値段をせり上げる仕掛けとなっていたが、首飾りの隠された地所の番になった時ポップがこれを買い落とした。そこへポッター未亡人が駆け込んで来て首飾り紛失の件を話し発見者には1000ドルの賞金が附せられことになった。するとチコーがそれを探し出して来た。探偵はポップが何もかも承知の上でその地所を買ったのだというハーベイの言葉を信じポップを嫌疑者として引渡した。一方ポッター未亡人はポリーとハーベイの婚約披露宴をホテルでひらき一同を招待することになったがチコーとハルポーはひそかにポップを牢から救い出し宴会の席へ連れて来る。宴会に招待されたお客が思い思いの服装で出席し、いろいろ隠し芸をやるが、その最中ハーベイは突然姿を晦ましてしまう。首飾りを盗んだのはこれでハーベイの仕業であったということが判明した。そこでポリーとハーベイの婚約披露宴はたちまち一変してポリーとポップの結婚式となる。おまけにかねてココナッツ荘園の発展を計画していたポップの設計が大事業家に採用されることになってポップとポリーの夢はいよいよ実現に近ずき一同は揃って「空はいつでも青空よ」の唄を合唱するのである。

「ココナッツ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ココナッツ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント映画
レイティング

「ココナッツ」のみんなのレビュー

「ココナッツ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません