アグネス

あぐねす
上映日
1986年2月8日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

男子禁制の修道院で出産した尼憎をめぐって、女医と院長との葛藤を描く。製作はパトリック・パーマー、監督は製作も担当している「ソルジャー・ストーリー」のノーマン.ジェイソン、脚本はジーン・パイエルマイヤーの戯曲を自らが脚色、撮影はスヴェン・ニクヴィスト、音楽はジョルジュ・ドルリューが担当。出演はジェーン・フォンダ他。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は戸田奈津子。メトロカラー、ビスタサイズ。1985年作品。

「アグネス」のストーリー

ある冬の夜、モントリオール郊外にあるマリー・マドレーヌ修道院の窓の一つから鋭い悲鳴が聞こえた。駆けつけたルース院長(アン・バンクロフト)は、室内の光景に思わず立ちすくんだ。ベッドには若い尼憎のアグネス(メグ・ティリー)が血まみれで倒れており、クズ箱の中には生まれたばかりの赤ん坊の絞殺死体が捨てられていたのだ。このショッキングな事件に町中が湧いた。ところがアグネスは妊娠も出産も全く憶えていなかった。裁判所は事件調査とアグネスの精神鑑定のために、女性法定精神科医マーサ・リヴィングストン(ジェーン・フォンダ)を修道院に派遣した。マーサは尼僧院に誰か男が侵入してアグネスと関係したに違いないと考え出入りの神父まで疑った。だがルース院長は無実を主張。アグネス自身も不可解なことを口走るばかりだった。マーサの調べで、アグネスはルース院長の姪であることが判明した。ルース院長は、アグネスがアル中で死んだ姉の娘で、教育も受けず性の秘密も知らずに育った、と告白。マーサはアグネスを催眠術にかけてみた。彼女は眠りながら真相を語り始めたが、肝心の子供の「父」については語らない。ルース院長はアグネスは「奇跡」を起こす力を宿してると言うが、科学者のルースは処女マリアのように懐胎したなどということは信じなかった。修道院の設計図を調べたマーサは、地下の納骨堂から裏の納屋に通じる秘密の通路を発見した。ここを通じてアグネスは男と密会したに違いない。事件をもみ消すためにルース院長が赤ん坊を殺したのでは?マーサはアグネスと最後の対決を決意し、ルース院長の許しを得てもう一度、催眠術をかけた。アグネスは告白を始めた。あの日、アグネスが納屋で休んでいる時。突然、まばゆいばかりの光に包まれた。彼女はその光の中に「神」を意識し、恍惚となる。そして妊娠した彼女は産まれ落ちた子を、自らの手で「神」の許に返したのだ--。意外なアグネスの告白に聞き入るマーサ。と、突然、アグネスの両手、両足から血が流れ出した。処刑されたキリストと同じ傷。これは奇跡なのか、マーサは信じられぬ想いで茫然とたたずむばかりだった。

「アグネス」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アグネス」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1985
公開年月日 1986年2月8日
製作会社 コロムビア/ベルファイIV・プロ作品
配給 コロムビア映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「アグネス」のみんなのレビュー

「アグネス」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。