荒野の待伏せ

こうやのまちぶせ
上映日
1961年8月8日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

開拓者とインディアンの対立をドラマの主軸とした西部劇。原案・脚本をルー・ラソフが担当し、監督と製作を「機関銃ケリー」のロジャーコーマンが受けもっている。撮影はフロイド・クロスビー。音楽担当はロナルド・スタイン。出演しているのはロイド・ブリッジス、ジョーン・テイラー、ランス・フーラー、モーガン・ジョーンズ、ポール・バーチ、ジーン・マーロウなど。製作ロジャー・コーマン。

「荒野の待伏せ」のストーリー

アリゾナのある町で馬車があいついで襲われ、金品をとられた人々が殺される事件がひんぴんと起こった。保安官はこれをアパッチのしわざと見て軍隊の出動を要請した。が、やってきたのはただ1人のインディアン局役人レックス(ロイド・ブリッジス)だった。町にくる早々、彼は町の人に痛めつけられている美しい男装のインディアンの混血娘アンヌ・ポリー(ジョーン・テイラー)とその弟アーマンドを助けた。やがて事件の手口を調べるうちに、レックスはこれはアパッチのしわざではないと考えるに至った。そして保護地のアパッチ酋長ホワイト・スターと会ったりした後、犯人をアーマンドとにらんだ。そんな間も事件は後をたたず、ある日酒好きで好人物の老人が殺され、1万ドルが奪われた。腹を立てた保安官や町の人々は、アッパッチ集落襲撃の挙に出ようとした。そこでレックスは計画をたて、10人の男に巨額の現金を輸送させ、それを襲う悪人一味を捕らえる手はずを皆に知らせた。ワナをかけるのだ。この頃アーマンドを犯人とつきとめたホワイト・スターは彼の一味に殺された。レックスはワナのことをそっとアンヌだけに知らせた。けれどそれを耳に入れたアーマンドと部下のメイシーは計画の裏をかいて、町伏せの場所をわざとはずして馬車を襲った。アンヌの急報で事態を知ったレックスは馬をとばしてアーマンドを追いつめた。投降しようとするメイシーを殺したアーマンドは、レックスと格闘するうち足場を失って崖下に落ち息たえた。アンヌは死んだ弟の身体をしっかり抱いた。混血に生まれたばかりに悪の道に走った男の死体をレックスは悲しくみつめた。

「荒野の待伏せ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「荒野の待伏せ」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1961
公開年月日 1961年8月8日
製作会社 ゴールデン・ステイト・プロ映画
配給 映配
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「荒野の待伏せ」のみんなのレビュー

「荒野の待伏せ」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません


「荒野の待伏せ」を観ているあなたにおすすめの映画