高速度娘恋愛合戦

こうそくどむすめれんあいがっせん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「高速度尖端娘」に次ぐアリス・ホワイト嬢の主演映画でフランセス・ノードストローム女史及びヴィニャ・デルマー女史の原作から「激流恋をのせて」「某重大事件」のハーヴェイ・シュウ氏が脚色し「万事圓満」「レヴュー時代」のマーヴィン・ルロイ氏が監督した。主演者の他に「男女の戦」「鉄假面」のウィリアム・ベイクウェル氏、「愛すればこそ(1929)」「女性の罠」のチェスター・モリス氏、「ラグビー時代」「レヴュー時代」のマリオン・バイロン嬢、リチャード・カーライル氏、モーリス・ブラック氏、ライオネル・ベルモア氏等が助演。キャメラは「魔の海」「巴里(1929)」のソル・ポリート氏が担任。

「高速度娘恋愛合戦」のストーリー

タイピストのシーバ・ミラーは或る晩、恋人のジャックを引っ張ってナイト・クラブに行きジャックの制止も聞かずに脚線美競技会に参加してみごと一等賞を獲る。その時に脚の審判をつとめたニッキー・ソロモンという男はブロードウェイでも指折りの不良で、美しいシーバに目をつけて誘惑の手を延ばす。翌日シーバがバスに乗り遅れて困っている處へ偶然のようにニッキーがやって来て彼の素敵な自動車に乗せてくれる。こうして2人は知り合いとなりニッキーは劇場やナイト・クラブへとシーバを連れ歩く。お金のないジャックに不満だったシーバは簡単に誘惑の網にかかり遂にニッキーと結婚の約束までしてしまう。その頃、ニッキーは全く文無しになってしまい、金策の当てもなくなった揚句、一味の者を語らって強盗を企てる。ニッキーが狙った家はシーバの父親が勤めている煙草屋であった。ニッキーは抵抗する父親を射って目的を果たし、そのまま何も知らぬシーバを伴ってナイト・クラブへと出かける。ジャックはニッキーを犯人とにらみ偽電話で彼を停車場に呼び出す。不覚にもジャックの張った網にかかったニッキーはシーバと一緒に停車場に駆けつけたところを易々と警官に捕縛される。かくしてシーバの虚栄の夢もさめた。父親の傷も軽かった。ジャックの給料も上がった。目覚めたシーバにやがて真の幸福が訪れた。

「高速度娘恋愛合戦」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「高速度娘恋愛合戦」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1930
製作会社 ファースト・ナショナル映画
配給 W・B・F・N社輸入
レイティング

「高速度娘恋愛合戦」のみんなのレビュー

「高速度娘恋愛合戦」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/16

デヴィッド・ボレアナズ(1969)

オフィサー・ダウン

『ブレイド』のスティーヴン・ドーフと「プリズン・ブレイク」シリーズのドミニク・パーセル共演によるポリスアクション。汚れた過去を背負う刑事が失った正義を取り戻すため、警察に渦巻く陰謀に巻き込まれながらも裏社会を牛耳る巨悪に挑む姿を描く。【スタッフ&キャスト】監督:ブライアン・A・ミラー 脚本:ジョン・チェイス 製作:ジェフ・ライス 撮影:ライアン・サマル 出演:スティーヴン・ドーフ/ドミニク・パーセル/ジェームズ・ウッズ/デヴィッド・ボレアナズ

クロウ 真・飛翔伝説

ジェームズ・オバーの原作を元に描いたダークヒーローアクション「クロウ」シリーズ最新作。悪魔を崇拝するギャング集団に恋人・リリーと共に殺されてしまったジミー。カラスの力で甦った彼は、ギャング集団のボス・ルークへの復讐を果たす。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ランス・マンギア 脚本:ショーン・フッド 製作:ジェフ・モスト 撮影:ダリウス・ウォルスキー 出演:エドワード・ファーロング/エマニュエル・シュリーキー/デヴィッド・ボレアナズ/タラ・リード
チュ・ジフン(1982)

暗数殺人

「1987、ある闘いの真実」のキム・ユンソク主演による、実際の連続殺人事件をモチーフにしたサスペンス。ある日、別件で収監されていた男から7人を殺害したとの告白を受けた刑事キム・ヒョンミンは、捜査を続行。やがて証言どおり白骨化した遺体を発見する。共演は「神と共に」シリーズのチュ・ジフン、「エクストリーム・ジョブ」のチン・ソンギュ。

工作 黒金星(ブラック・ビーナス)と呼ばれた男

釜日映画賞最優秀作品賞をはじめ韓国の映画賞を総なめした、事実に基づく歴史ドラマ。1992年、北朝鮮の核開発の実態調査のため、軍人のパクは工作員として北に潜入せよと命じられる。3年の工作活動の末、対外交渉の責任者であるリ所長に接触するが……。出演は、「哭声/コクソン」のファン・ジョンミン、「リアル」のイ・ソンミン、「お嬢さん」のチョ・ジヌン、「背徳の王宮」のチュ・ジフン。監督は、「群盗」のユン・ジョンビン。第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニング公式招待作品。

NEW今日命日の映画人 5/16

該当する人物がいません