紅塵(1932)

こうじん RED DUST
上映日

製作国
アメリカ

上映時間
83分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「自由の魂」「心の青空」「スザン・レノックス」のクラーク・ゲーブルが「街の野獣(1932)」「秘密の6」のジーン・ハーロウと共演する映画で、ウィルソン・コリソン作の舞台劇に基づいて「街の野獣(1932)」「暗黒街の顔役(1932)」のジョン・リー・メインが脚色し、「ダグラスの世界一周」「泥人形」のヴィクター・フレミングが監督に当たり、「コンゴ」「僕の武勇伝」のハロルド・ロッソンが撮影した。助演者は「火の翼」「狼火」のメアリー・アスター、「六月十三日の夜」「百万円貰ったら」のジーン・レイモンドを始め、タリー・マーシャル、ドナルド・クリスプ、フォーレスター・ハーヴェイ等である。

「紅塵(1932)」のストーリー

デニス・カーソンはインドシナのあるゴム栽培地の主任だった。彼は父の跡を継いでこの熱帯地に住んでいるので、恐るべき風土病の熱病にも、熱砂紅塵を吹きまくる暴風にも、雨季の長雨にも、文明世界と隔絶した寂莫さにも負けないだけの体躯と性格との持ち主だった。しかしさすがのデニスも毎年の雨季近づく頃には憂鬱になるのだった。不健康地で女の住むに堪えないこの土地には全然女っ気がなかったが、西貢に巣くう素性の知れない女の1人ヴァンティンが、カーソンの部下ギドンと共にやってきてカーソンの男らしさに惚れ込んだので、カーソンは憂鬱を忘れて暮らした。ヴァンティンが西貢へ立った日に、測量技師のウィリスが美しい妻のバーバラを携えて着任した。彼はこの蛮地には不適当な体躯の持ち主で着いた日から激しい熱病を患った。デニスは弱い男に同情は持てなかったが、初めて見る美しい、素性の正しい女に押さえきれない憧憬を感じた。そこでバーバラに頼まれるままに、医者のない土地なので医者代わりに熱心に看病してやった。西貢に行くはずだったヴァンティンは河蒸気の故障で引き返してきたが、デニスがバーバラに惚れているのを知ると激しい嫉妬に駆られ、2人を監視するのだった。ウィリスの熱病が回復しきった頃、雨季が始まった。ウィリスはデニスを命の恩人と思い彼に敬服し信頼していたので、デニスがバーバラに恋していることを気付かなかった。デニスは思うところあって、雨季であるにも拘らず溝渠工事の完成を急ぎ、ウィリスと共にマック、ギドンを派遣して工事を監督させた。邪魔者がいなくなったので、デニスはバーバラの愛を求めるのに遠慮も要らなかった。ヴァンティンは腐り切って居たが、交通不便の土地であるし、雨季なので動きがとれなかった。バーバラもデニスの男性美に心をひかれ、ウィリスと別れてデニスと結婚する気になった。デニスは工事の地に馬を駆ってそのことを告げに行ったが、ウィリスが妻を溺愛し、またデニスを父の如く兄の如く信頼している真情を知ってはその妻を奪うに忍びなかった。何事も言わず彼は引き返したが、ウィリスはデニスのことでギドンに罵倒されて疑惑を起こし、跡を追った。帰ったデニスはこの蛮地の生活にも堪え得る野生の女ヴァンティンに満足してバーバラはウィリスに返すことに決心した。そして2人で酒を飲み、ふざけてバーバラを侮辱したので、バーバラはデニスを思わず狙撃して傷つけた。その場にウィリスが来あわせた。デニスは自分が悪者になってバーバラは潔白であるとウィリスに告げた。ウィリス夫妻は即刻退去した。デニスはヴァンティンの看護を受けて、傷も日ならずして癒え、彼女と似合いの夫婦となった。

「紅塵(1932)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「紅塵(1932)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1932
公開年月日
上映時間 83分
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM支社
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダ-ド

「紅塵(1932)」のみんなのレビュー

「紅塵(1932)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/8

渡部豪太(1986)

コスメティックウォーズ

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマンドラマ。老舗化粧品会社のロングセラー商品の機密情報を盗み出すため、産業スパイとして潜入した三沢茜。だが化粧品を作る社員たちと触れ合っていくなか、その熱い想いに触れ、茜は次第に自分の行為に疑問を感じ始める。出演は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢、「夏休みの地図」の奥菜恵、「海南1890」の渡部豪太、「東京PRウーマン」の井上正大、「校庭に東風(こち)吹いて」の柊子、「GONIN サーガ」の松本若菜、「The Room」の尚玄、「天空の蜂」の森岡豊、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。監督は「東京PRウーマン」の鈴木浩介。音楽を「十三人の刺客」「貞子vs伽椰子」の遠藤浩二が担当する。

海難1890

1890年に和歌山県で起きたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号の海難事故、そして1985年イラン・イラク戦争時にテヘランに残された日本人の救出にトルコが尽力した史実に基づき、日本・トルコ両国の絆や危険を押してでも助けようとする人々を描いた人間ドラマ。エルトゥールル号編とテヘラン救出編の二部で構成される。監督は「利休にたずねよ」が第37回モントリオール世界映画祭最優秀藝術貢献賞に輝いた田中光敏。海難事故に遭遇した医師を「臨場・劇場版」の内野聖陽が演じ、「マイ・バック・ページ」の忽那汐里やトルコ人俳優ケナン・エジェが二役で出演。外務省の後援や、トルコ政府全面協力を受け制作された。
鮎川いずみ(1951)

必殺!III 裏か表か

闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。脚本は「必殺!」の野上龍雄、保利吉紀、中村勝行の共同執筆。監督は「逃がれの街」の工藤栄一。撮影は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の石原興がそれぞれ担当。

必殺! ブラウン館の怪物たち

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 3/8

該当する人物がいません