逮捕しちゃうぞ the MOVIE

たいほしちゃうぞざむーびー
上映日
1999年4月24日

製作国
日本

上映時間
90分

ジャンル
コメディ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

大都市・東京にふりかかったテロによる危機を、墨東署に勤務する交通課のお騒がせ婦人警官コンビが解決するアクションとコメディ満載のポリス・アニメーション。監督は、本作のテレビ・シリーズを手がけてきた西村純二。藤島康介による同名人気コミックを基に、十川誠志が脚本を執筆。撮影を吉田光伸が担当している。声の出演に、「SPRIGGAN」の玉川紗己子と「キューティーハニーF」の平松晶子。

「逮捕しちゃうぞ the MOVIE」のストーリー

墨東署管内の工場跡地で発見された不発弾の処理作業で大規模な交通規制が敷かれる中、放置自動車のトランクから多数の銃器が押収された。その翌日、それぞれに別機関で研修を終えた夏実と美幸が墨東署に復帰。早速、愛車のミニパト・Todayを駆ってパトロールに出かけるが、錦糸町駅前で信号機故障に出くわしてしまう。実は何者かが信号機の制御システムに侵入したことが判明し、復帰早々ふたりは大忙し。その上、休む間もなく銃の取引の情報が入り、ふたりもその捜査にかりだされるのだった。お陰で犯人は逮捕。多数の銃器と一枚のMOディスクが押収された。ところが次の日、今回の事件のことで課長が本庁からやってきた蟻塚警視正に取り調べを受けることになってしまった。果たして、信号機事故と密輸組織、そして課長との間になんの関連性があるのか? 実は、本庁では2年前に対テロ用のマニュアル「警視庁所轄襲撃要項」、通称・蜂一号・を作成した後に姿をくらました江本警部が、裏で今回の事件の糸を引いていると睨んでおり、江本警部の無二の親友であった課長が彼と秘かに接触しているのではかいかと疑われたのである。課長は断固としてそれを否定するも、留置所に入れられるハメに。そんな折、一本の予告電話が墨東署に入った。声の主は隅田川にかかる エを爆破すると言い、電話が嘘でない証拠に桜橋を爆破した。隅田川にかかる橋は鉄橋や高速道路を含めて約20本。橋桁から爆発物を探し出す為に、墨東署職員に出動の命令が下る。ところが、それは密輸組織の陽動作戦だったのである。彼らは、手薄になった墨東署から先日押収された銃器と蜂一号をバージョン・アップさせた経済テロ用マニュアル・蜂一号改・が入力されたMOディスクを奪い返そうとしたのだ。墨東署に潜入を開始した密輸組織に、残っていた交通課の婦警たちは美幸の隠し持っていたエアガンで応戦。だが、健闘空しくディスクは持ち去られてしまう。しかし、それで諦めないのが夏実と美幸。桜橋から戻ってきたふたりは、犯人たちの追跡を開始。船や地下鉄で逃げる犯人たちを追って、隅田川に東京へリポートに大捕物を展開し、見事、密輸組織逮捕に成功する。ところで、今回の事件は全て江本警部が仕組んだことだった。彼は、上層部に封印されてしまった腹いせに蜂一号の素晴らしさを実証すべく、警察と密輸組織の両方を手玉に取り、ゲーム感覚で今回の事件を起こしたのだ。東京タワーの展望室で江本と再会した課長。彼を前に、江本は全てを自白し飛び降り自殺を図る。しかし間一髪、駆けつけた夏実たちに逮捕されるのであった。こうして、事件は一件落着。その夜、墨東署の交通課の面々は、ちょっぴり遅い夏実と美幸の復帰パーティで盛り上がるのであった。

「逮捕しちゃうぞ the MOVIE」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「逮捕しちゃうぞ the MOVIE」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 1999
公開年月日 1999年4月24日
上映時間 90分
製作会社 TBS=バンダイビジュアル=東映=スタジオディーン(企画協力 講談社「アフタヌーン」編集部)
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 DTS

「逮捕しちゃうぞ the MOVIE」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/27

小山明子(1935)

インターミッション

取り壊しが決まった名画座・銀座シネパトスを舞台に、映画の休憩時間に交わされる会話劇によるブラックコメディ。本作のために、映画を愛する豪華キャスト、スタッフが集結した。出演は、「透光の樹」の秋吉久美子、「ヒミズ」の染谷将太、「まあだだよ」の香川京子ほか。監督は、本作が劇場用映画初監督となる樋口尚文。スクリーンサイズはシーンによりシネスコ、ビスタ、スタンダードと変化。

テレビに挑戦した男・牛山純一

テレビ草創期から活躍した名プロデューサー、牛山純一の生涯を関係者インタビューで振り返り、テレビが抱える問題を問いかけるドキュメンタリー。「エドワード・サイード OUT OF PLACE」の監督、佐藤真が10年越しの企画を実現した。証言者として、大島渚夫人で女優の小山明子(「日本の夜と霧」)などが登場。
上白石萌音(1998)

トロールズ ミュージック★パワー

「ボス・ベイビー」のドリームワークスが贈る、音楽好きな妖精の世界を舞台にした3Dアニメ。トロールズが暮らすポップ村の女王ポピーのもとに、ロック村の女王バーブから手紙が届く。この世界に別の仲間がいることを知ったポピーたちは胸を躍らせるが……。声の出演は、「ピッチパーフェクト」シリーズのアナ・ケンドリック、「女と男の観覧車」のジャスティン・ティンバーレイク。

楽園(2019)

吉田修一の『犯罪小説集』を「64 ロクヨン」の瀬々敬久が映画化。ある地方都市で起きた幼女失踪事件をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士と紡は、それぞれの不遇に共感し合う。だが事件から12年後、再び同じY字路で少女が姿を消し、事態は急変する。出演は、「怒り」の綾野剛、「十二人の死にたい子どもたち」の杉咲花、「64 ロクヨン」の佐藤浩市、「居眠り磐音」の柄本明、「チワワちゃん」の村上虹郎。