高原強襲隊

こうげんきょうしゅうたい
製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「テキサス無頼漢」に継ぐトム・ミックス主演西部劇で、ニナ・ウィルコックス・プトナムの原作を「テキサス無頼漢」「熱砂の騎士」のジャック・カニンガムが脚色し、「渓谷の狼児」「怪盗往来」のハミルトン・マクファッデンが監督し、ミックス映画専属のダニエル・B・クラークが撮影に当たったもの。助演者は新人マーガレット・リンゼイ、「地獄のサーカス」「熱砂の騎士」のフレッド・コーラーで、その他エドワード・コッブ、ロジタ・マルスティーニが出演している。

「高原強襲隊」のストーリー

水がないので繁栄しなかったスティルウェルの町に水が発見された。人々はこの町に移り住み始めた。悪漢ソフティー・ジョーンズは町を己が手に収めんとの野心で、部下を引き連れ、踊り場を始め賭博場その他の悪所を経営して町民を不当搾取する準備を整えるとともに、この町全部がカナダの娘モリィ・オルークの所有地でしかも税金が滞納されているのに目をつけ彼女をペテンにかけて町の所有権を横取りしようと企む。牧畜業者トム・マーティンもこの町に移住してきたが、彼が牛群を伴って来る途中、同じく町に来つつあったモリィが牛の狂奔に危うくなったところをトムは救った。2人はたちまち親愛を感じ合う。ソフティーはモリィに会って全町を自分が借りていることを告げて安心させたが彼女が知らないでいる税金滞納の件はおくびにも出さなかった。踊り場に乗り込んだ性悪の踊り娘共はたちまち町の風紀を紊乱し始めたのでモリィはソフティーにすべてを任せたことを後悔して、彼を詰問しに赴く。ソフティーは酔っぱらっていてモリィをだましにかかったが踊り娘の女将が税金のことを口走ったために彼は女将を殴りつける。怒った女将は何もかも喋ってしまったので真実を知ったモリィは怖くなって逃げ出そうとする。ソフティーが襲いかかったときトムは飛び込んで彼女を救う。税金は翌日正午までに収めなければならない。トムは彼女のためにソフティー配下の悪漢共の妨害を却けてついに任務を果たした。その頃スティルウェルの町ではソフティーのギャング対町民の戦いが始まった。しかし税金を収めて帰って来たトムが巨魁ソフティーをとっちめてしまったので、町は初めて平和な清らかな住み場所となりトムはモリィと結婚した。

「高原強襲隊」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「高原強襲隊」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1932
製作会社 ユニヴァーサル映画
配給 大日本ユニヴァーサル社
レイティング

「高原強襲隊」のみんなのレビュー

「高原強襲隊」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。