夢魔のもだえ

むまのもだえ
上映日
1970年3月7日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

3人の男女が地下鉄の中でみた性の妄想。製作・監督・脚本はロバート・アークレス、撮影はジュリアナ・ワン、音楽はマルセル・エメが担当。出演はリンゼイ・ボーエン、リズ・スティーヴンス、シャロン・チャーチ、サム・スチュアートなど。

「夢魔のもだえ」のストーリー

ニューヨークの夜から、ひとりはじき出されるように、地下鉄に乗ったトム(リンゼイ・ボーエン)は、自分の前の席にいるバーバラ(シャロン・チャーチ)に目をやった。そして、次第にトムは夢想の世界に入っていった。そこでは、彼は007ばりの秘密諜報員だった。そして、バーバラを救うため必死の活躍をしたが、ついに彼女は悪人たちの好色のメスのいけにえにされてしまうかに見えた。が、そこでトムは目をさました。その時、黒髪の女リタ(リズ・スティーヴンス)が乗り込んできた。そして彼女もまた想像の世界に入り込んでいった。その中で彼女は、地位のある男と関係を結び、その現場写真を秘書のマーコ(サム・スチュアート)に撮らせ、一儲けを企んだ。うまく盗み撮りをしたあと、そのフィルムを見て、2人は体を求めあった。そこで彼女は眼が醒めた。一方、バーバラは雑誌を読んでいるうちに、妄想のとりことなっていた。静かな湖にやって来た彼女は、そこで3人組の男女、トムとリタとマーコの奔放な生態に悩まされ、ひそやかな自慰にふけるのだった。そうしたある日、彼女は林の中でトムたちに襲われ、男を知らぬ肉体を汚されてしまった。やがてバーバラが目をさました時、リタとマーコが手をとりあって地下鉄を下りて行った。残ったトムとバーバラもいつしか手を握り合っていた。(日本ヘラルド配給*1時間24分)

「夢魔のもだえ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「夢魔のもだえ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1969
公開年月日 1970年3月7日
製作会社 タイムズ・フィルム作品
配給 日本ヘラルド
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ モノクロ/ビスタ

「夢魔のもだえ」のみんなのレビュー

「夢魔のもだえ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。