光栄の愚者

こうえいのぐしゃ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「女房改造」等同様ヘレン・チャドウィック嬢主演のゴールドウィン映画で監督も同映画と同じくE・メイソン・ホッパー氏である。相手役も同映画と同様で「泣くな我が妻」にも良い腕を見せたリチャード・ディックス氏。メアリー・ロバーツ・ラインハート女史の小説から脚色映画化したものである。

「光栄の愚者」のストーリー

親戚の邪魔で許嫁との仲を断たれたビリーと幾分自棄となり酔いどれた揚句に貨物車を運転したりして大負傷をしある病院に入った。ここの看護婦ジェーンは勿論彼が死ぬものと信じて、女心の優しさからせめて彼の臨終を平安な気持ちにしてやる為、彼の半狂乱で望む通り彼と結婚をした。所が彼は意外にも回復に向かい、親戚への面当もありジェーンとの結婚は認めたが元々奇妙な結婚でジェーンは自ら望んで彼の室から他の産婦付きとなった。この産婦は愛人に生き別れた憐れな女でジェーンは極力その相手の男を探し、嬰児の出生と共に再び親子3人を幸福ならしめたが、その男を探す為に夢中となって彼女は病院の規則を破り危うく解雇の憂目を見ようとした。しかしこの挿話の間に段々彼女と互いに相愛するようになったビリーは彼女との為に弁明の労を取り且つ心から妻として彼女を喜び迎えた。

「光栄の愚者」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「光栄の愚者」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1922
製作会社 ゴールドストーン映画
配給 松竹
レイティング

「光栄の愚者」のみんなのレビュー

「光栄の愚者」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。

「光栄の愚者」を観ているあなたにおすすめの映画