幸運の星

こううんのほし
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「第七天国(1927)」「街の天使」と同じくフランク・ボーゼージ氏が監督した。ジャネット・ゲイナー嬢とチャールズ・ファーレル氏共演映画で、このスタッフの最初の発声映画(最初の第七巻は伴奏音楽付きで最後の三巻がトーキング)である。原作は「河(1928)」「クリスティナ」と同じくトリストラム・タッパー氏作の小説で、「熱砂果つるところ」のソニア・レヴィーン女史が脚色し、「アマゾンの紅薔薇」「地の極みまで」のチェスター・ライオンズ氏が撮影した。助演者は「ノアの箱船」のギン・ウィリアムス氏を始め「輝く天国」のヘドヴィガ・ライヘル夫人「處女時代」のグロリア・グレイ嬢である。

「幸運の星」のストーリー

米国東部の片田舎で農牧を業としてささやかな暮らしをしているタッカー夫人という後家がある。彼女は恐ろしい後家で娘のメエリーをこき使っている。小娘メエリーは見様見まねでこそこそと悪い事ばかりする。或る朝電信工夫の仕事場へ牛乳を買いに言った時も工夫商のレンから代金を二重取りしようとした。後からその事を工夫のティモシー・オスポーンに発見され彼に折檻を受け訓戒されたのを根に持ってメエリーはティムの窓に石を投げてガラスを砕こうとした。その時ティムが米軍に志願して出掛けようとするところだったので、流石の悪戯娘も悔いて彼を荷馬車に乗せてやろうと申出た。ティムは立派な脚を持ってるから乗らないと言って歩いて行く。フランス戦線でレンは炊事軍曹を勤務しティムはその部下の兵卒となっていた。二人ともメエリーから同文の慰問の手紙を受け取った。或る夜塹壕へ食料運搬の命を受けたレンは危険と見てティムを代りに行かした。ティムは重傷を負い戦後一年間病院にいたが彼の下肢は麻痺して彼は立つことも歩くことも出来なくなった。帰郷したティムとメエリーは仲良しになった。ティムは彼女の髪を洗ってやたり、沐浴をすることを勧めたりした。十八になるメエリーは見違えるように美しくなり、またティムに教えられて性質も善良になった。メエリーは萬聖節の前晩に村のお祝いダンスへ出掛け、そこでレンと遭った。レンはミニーという娘を騙していたがメエリーの美しさを見てミニーを捨てた。ティムは家で立とうと努力したが駄目だった。彼に好意を持たないメエリーの母はティムの許へ行く事を厳禁した。レンは巧みに母親の機嫌を取りメエリーを嫁に貰う約束をした。レンがメエリーを嫁に貰う約束をした。レンがメエリーを連れて行く日の前日メエリーはティムを訪れお茶をよばれた。その夜ティムは一生懸命に立つことを努力したが何うしても脚は立たなかった。ある日は雪だった。メエリーは逃げ出してティムの家に来た。二人は始めて深く愛し合っていることを知った。その時母親が来て娘を連れて行った。ティムは雪中を走り歩いて丘を上り停車場へ転び降り、レンに連れられて行かれようとするメエリーを取り戻した。ティムの脚が立ったのである。メエリーとティムはかたく抱き合った。

「幸運の星」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「幸運の星」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 フォックス映画
レイティング

「幸運の星」のみんなのレビュー

「幸運の星」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/12

ラミ・マレック(1981)

ドクター・ドリトル(2020)

ロバート・ダウニー・Jrが製作総指揮・主演を務めたアクションアドベンチャー。動物と話しができる医師のドリトル先生は、世間から距離を取り、ひっそりと暮らしていた。だが、病に倒れた女王を救うため、仲間の動物たちと共に伝説の島へと旅立つことに。監督は「ゴールド/金塊の行方」のスティーヴン・ギャガン。「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」のアントニオ・バンデラスが共演。ヒュー・ロフティングの世界的ベストセラーを原案としている。

パピヨン(2017)

スティーブ・マックイーン主演による「パピヨン(1973)」をリメイク。無実の罪で終身刑を言い渡され、周囲を海に囲まれた孤島に送り込まれたパピヨン。自由を求め何度も脱獄を試みる彼は、志を同じくする紙幣偽造の天才ドガと出会い、奇妙な友情で結ばれてゆく。出演は「キング・アーサー」のチャーリー・ハナム、「ボヘミアン・ラプソディ」のラミ・マレック、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」のトミー・フラナガン、「ブリッジ・オブ・スパイ」のイヴ・ヒューソン。監督は、第31回東京国際映画祭コンペティション部門出品の『氷の季節』で審査委員特別賞と最優秀男優賞を受賞したデンマークの新鋭マイケル・ノアー。本作は、アンリ・シャリエールの壮絶な実体験を基にした自伝小説と、ダルトン・トランボによるオリジナル脚本の両方をベースに「プリズナーズ」のアーロン・グジコウスキが脚本を執筆、73年版にはなかったパリでのエピソードも追加されている。
余貴美子(1956)

痛くない死に方

在宅医療のスペシャリスト・長尾和宏のベストセラーを「赤い玉、」の高橋伴明が映画化した人間ドラマ。痛くない在宅医を選択したはずの末期がん患者が苦しみ続ける最期を迎えてしまい、在宅医の河田は先輩の長野からカルテではなく本人を見るよう指摘される。壁にぶつかりながら医師として成長する河田仁を「火口のふたり」の柄本佑が、先輩医師の長野浩平を「赤い玉、」の奥田瑛二が演じる。原作者の長尾和宏が医療監修を務めている。劇場公開に先駆け、第45回湯布院映画祭の秋の陣にて特別試写作品として上映。

泣く子はいねぇが

是枝裕和率いる映像制作者集団“分福”の新人・佐藤快磨のオリジナル脚本による長編デビュー作。秋田県男鹿市にある寂れた港町。娘が生まれたものの、いつまでも父親の自覚を持つことができないたすくは、ついに妻のことねから愛想を尽かされてしまい……。出演は「タロウのバカ」の仲野太賀、「見えない目撃者」の吉岡里帆。