恋人たちのパリ

こいびとたちのぱり Sweet Revenge
製作国
アメリカ

上映時間
88分

ジャンル
ラブロマンス コメディ ドラマ

ここが見どころ

パリの街を背景に、アメリカ人カップルの仕掛けるちょっとアブない恋愛ゲームを描いたコメディ。エグゼクティヴ・プロデューサーはダニエル・マークウェット、製作はモニーク・アノー、監督は女流のシャーロット・ブランドストーム、脚本はジャネット・ブロウネル、撮影はオリヴィエ・ゲノー、音楽をディディエ・ヴァシュールが担当。出演はロザンナ・アークェット、キャリー・フィッシャーほか。

「恋人たちのパリ」のストーリー

パリで活躍するアメリカ人女性弁護士リンダ・マイケルズ(キャリー・フィッシャー)は自らの離婚訴訟のためニューヨークに戻ってきていた。夫で作家志望のジョン(ジョン・セッションズ)とは学生時代からの仲で、結婚の時の条件がジョンの財産でリンダの学費を賄うかわり、弁護士になってからはジョンが作家として成功するまでリンダがその生活の面倒を見る、というものだったので、調停に際してリンダはジョンに慰謝料の支払いを命じられる。ただし条件がひとつ。夫が再婚すればその限りではない--。それを利用してリンダは美しい女優の卵ケイト(ロザンナ・アークエツト)を雇って夫に接近させ、なんとか支払義務を回避ずる作戦に出た。ところがジョンを本気で愛してしまったケイトは途中で計画の全てを打ち明けてしまう。リンダへの怒りが込み上げてくるジョンだったが、本心を見せて愛を告白してくれたケイトを彼はしっかり抱き止めるのだった。そしてその頃、リンダは弁護士事務所でも経営者と衝突して昇進がうまく行かず、同僚との不倫の恋にも破れて傷心状態にあった。そんな彼女の前にアメリカの雑誌からパリで成功している女性特集の取材の申し込みがあった。自信を回復する絶好のチャンスとばかりいそいそと引き受けた彼女だったが、実はこれこそジョンの仕掛けた復讐の罠だったのだ。まんまと罠にはまったリンダであったが、ジョンとケイトが結婚した事によって慰謝料を支払わなくて済むのだった。

「恋人たちのパリ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「恋人たちのパリ」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス コメディ ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1990
上映時間 88分
製作会社 クリサライド・フィルム/キャナル・プラス/ザ・ムービー・グループ作品
配給 日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「恋人たちのパリ」のみんなのレビュー

「恋人たちのパリ」のレビューを書く