たどんとちくわ

たどんとちくわ
上映日
1998年12月5日

製作国
日本

上映時間
102分

ジャンル
コメディ サスペンス・ミステリー

ここが見どころ

タクシー運転手と売れない小説家、鬱積していたフラストレーションを爆発させたふたりの中年男が巻き起こす騒動を二部構成で描いたブラック・コメディ。監督は「東京夜曲」の市川準。椎名誠の短篇小説を基に、市川監督と「たどん」部を「恋、した。」の佐藤信介、「ちくわ」部を「大怪獣東京に現わる」のNAKA雅MURAが共同脚色。撮影を「東京夜曲」の小林達比古が担当している。主演は「大往生」の役所広司と「D坂の殺人事件」の真田広之。R指定。

「たどんとちくわ」のストーリー

タクシー運転手の木田は、今日もいろんな客を乗せて、いろんな風景の中を走り回っている。だが、時々交わす乗客との会話は上辺だけのもので、そこには心の通ったコミュニケーションは存在していなかった。そんなある日、彼のタクシーにサラリーマンの安西が乗り込んできた。彼は、不倫相手が待つ郊外のホテルへ向かうところだった。遠い目的地までの間、木田はポツリポツリと世間話を始める。その中で木田は安西に彼の仕事を尋ねるが、安西はその質問に自分はたどん屋だと嘘をついてしまう。暫くすると、安西はタクシーが目的地に向かっていないことに気づく。果たして、木田は適当にあしらった安西の答えに憤慨しており、車をただ走らせていたのだ。尋常でない木田の表情に困惑する安西は、飽くまでも自分はたどん屋だと嘘を突き通そうとするが、やがてタクシーは人気のない海岸に着く。そこで木田は、たどん屋だという証拠にここでたどんを作ってみろと、トランクに隠し持っていたトカレフを持ち出して安西を脅迫する。仕方なく泥でたどんを作る安西。だが、なかなかうまくいかない。そのうち、木田が目を離した隙に安西は逃げ出すも、気づいた木田は安西に向けて銃爪を引く…。同じ頃、売れない小説家の浅見は、都会の夜をさまよっていた。彼の頭の中には、意識とは違うところで様々な言葉が浮かんでは消えていく。やがて、一軒の屋台のおでん屋にたどり着いた彼は、そこでちくわを注文した。ところが、ネタの中にはちくわがなかったのである。衝動的にキレた浅見は、鍋の上に跨がると自分のペニスを引き出して「ここにちくわがあるじゃないか!」と叫び、鍋に放尿する。次に彼が向かったのは、馴染みの料理屋であった。ところが、店の主人との他愛のない世間話するうち、彼は奇妙な感覚と幻覚に襲われていく。異常なほどの熱気の店内、耳障りな他の客たちの会話、不気味に動き出す料理。暫くしてトイレに逃げ込んだ彼は、そこで戦慄した。なんとペニスがなくなっていたのだ。パニックに陥った彼は、店内に戻ると出刃と包丁を片手に次々に客たちを切りつけ、冷蔵庫に仕舞われたちくわの中からなくしたペニスを探そうとする…。明け方早く、一軒の海辺のホテルに木田のタクシーが到着し、全身血塗れの浅見が現れた。浅見は、安西をタクシーの運転手だと勘違いし、東京まで送れとすごむ。仕方なく浅見と君島を乗せて走りだすタクシー。一方、木田は朝の美しい海岸へ歩き出していた。タクシーの中、小便をしたいと言い出した浅見は、自分の股間にペニスが戻っていることに気づく。

「たどんとちくわ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「たどんとちくわ」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 1998
公開年月日 1998年12月5日
上映時間 102分
製作会社 GAGA PICTURES作品(製作協力*セディック・インターナショナル=エクセレントフィルム)
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
レイティング R指定
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビー

「たどんとちくわ」のみんなのレビュー

「たどんとちくわ」のレビューを書く

「たどんとちくわ」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/11

加山雄三(1937)

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。

茅ヶ崎物語 MY LITTLE HOMETOWN

茅ヶ崎出身のミュージシャン、桑田佳祐を核に“芸能の地、茅ヶ崎”の秘密を探る音楽探訪記。サザンオールスターズの名付け親である宮治淳一が、人類学者の中沢新一、本作の監督を務めた「人狼ゲーム」の熊坂出と共に茅ヶ崎と芸能との関係性を多角的に分析する。高校生時代の宮治の記憶をもとに撮影されたドラマパートでは、宮治の学生時代を「3月のライオン」の神木隆之介が、桑田の学生時代を「サクラダリセット」の野村周平が演じる。そのほか「森山中教習所」の賀来賢人、「銀魂」の安田顕、そして桑田佳祐自身も出演。2017年6月25日、第6回茅ヶ崎映画祭にてワールドプレミア上映。2017年7月21~23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズほかで特別劇場公開。
武田鉄矢(1949)

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

いのちスケッチ

福岡県の動物園を舞台にしたヒューマンドラマ。東京で漫画家になる夢を諦めて故郷の福岡県に帰ってきた亮太は、動物福祉に取り組む地元の動物園のアルバイトを紹介され、獣医師の彩と出会う。彩は園の取り組みを広めるため、亮太に漫画を描いてほしいと頼む。出演は、「今日も嫌がらせ弁当」の佐藤寛太、「猫忍」の藤本泉、「岬の兄妹」の芹沢興人、「よこがお」の須藤蓮、「ガチ星」の林田麻里。監督は、「恋のしずく」の瀬木直貴。