恋は青空の下

こいはあおぞらのした
上映日
1953年11月29日

製作国
アメリカ

ジャンル
戦争

ここが見どころ

「毒薬と老嬢」「群衆」のフランク・キャプラが1950年に製作・監督に当たった作品で、1934年、やはりキャプラが映画化「その夜の真心」(Broadway Bill)したマーク・ヘリンジャーの原作の再映画化。脚本はいつもキャプラの作品に協力しているロバート・リスキン、台詞はメルヴィル・シェイヴェルソン「ダニー・ケイの牛乳屋」とジャック・ローズ「腰抜け大捕物」。「宇宙戦争」ジョージ・バーンズと「井戸」のアーネスト・ラズロが撮影を、「シェーン」のヴィクター・ヤングが音楽を担当。主演は「皇帝円舞曲」のビング・クロスビーと「死の接吻(1947)」のコリーン・グレイで、チャールズ・ビッグフォード「烙印」、フランセス・ギフォード、ウィリアム・デマレスト「栄光何するものぞ」、レイモンド・ウォルバーン、ジェームズ・グリースン「タイクーン」、ワード・ボンド「静かなる男」、クラレンス・ミューズ「夜も昼も」、ジーン・ロックハート「哀愁の湖」らが助演する。

「恋は青空の下」のストーリー

競馬狂のダン・ブルック(ビング・クロスビー)は、財閥J・L・ヒギンス(コリーン・ビックフォード)に見込まれ、ヒギンスの4人娘の長姉マーガレットと婚約し、ヒギンスの事業の1つの製紙会社の社長になった。そのため好きな競馬もやめなければならなかったが、“ブロードウェイ・ビル”という3歳馬だけは手放すことができず、馬丁のホワイティ(クラレンス・ミューズ)とダービーの勝利を夢見て調教していた。J・L・ヒギンズは毎月、娘の婿たちを集めて事業報告を聞くことになっていたが、ある夜の集まりにダンの製紙工場だけが赤字だったので、競馬を止めよとヒギンズにきつく戒められた。ダンはもともとヒギンズ家の堅苦しい空気に嫌気がさしていたので、我慢できずヒギンズ家を飛び出した。これを喜んだのは末娘のアリス(コリーン・グレイ)で、彼女は秘かにダンに好意を寄せていた。ダンとホワイティは“ブロードウェイ・ビル”をダービーにだそうとしたがまともな厩舎を借りる金がなく、やっとボロ厩舎を手に入れた。“ブロードウェイ・ビル”には“スキーター”という鶏のマスコットがいた。ダンはこれを連れてくることを忘れていたが、アリスが“スキーター”を連れて現われ、そのまま居残って2人の手伝いをすることになった。ダービーも近いある夜、暴風雨のためダンの厩舎は雨が洩り、ダン、アリス、ホワイティの努力も空しく、“ブロードウェイ・ビル”に風邪をひかせてしまった。3人の寝食を忘れた介抱に馬はやっと元気を回復し、いつの間にか、ダンとアリスは愛し合う間柄になった。ダービーの当日、競馬ゴロの一味が“ブロードウェイ・ビル”の騎手を買収したので、気負い立って走ろうとする“ブロードウェイ・ビル”の気迫には勝てず、鼻の差で1着となり、そのまま倒れてしまった。正しいレースに生命をかけた名馬の死はすべての人の涙をさそった。テレビでこの敢闘を見たヒギンズも、ようやくダンの気持ちを理解した。しかしダンはアリスをのこしていずことなく立ち去った。数カ月後、ヒギンズ家の恒例の晩餐会の夜、突然ダンが現われ、アリスを呼んだ。アリスが飛んで出ると、ダンとホワイティはトラックに新しい馬を2頭乗せて、サンタ・アニタの競馬へ行くところだった。トラックはアリスを乗せて走り出した。その後ろから「俺も行くぞ」と声をかけたのは、誰あろうヒギンズであった。

「恋は青空の下」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「恋は青空の下」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1950
公開年月日 1953年11月29日
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント映画会社
レイティング

「恋は青空の下」のみんなのレビュー

「恋は青空の下」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/1

エリカ・リバス(1974)

人生スイッチ

アルゼンチンで国内年間ランキング1位を獲得したオムニバス形式のブラック・コメディ。製作は、「オール・アバウト・マイ・マザー」のペドロ・アルモドバル。出演は、「瞳の奥の秘密」のリカルド・ダリン。第87回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート、第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。
ヴェイッコ・アールトネン(1955)

罪と罰(1983)

殺人を犯した青年の行動を乾いたタッチで描く作品。「白い花びら」のアキ・カウリスマキ、監督長編第1作。原作はロシアの文豪、ドストエフスキーの同名小説。出演はマルチ俳優として活躍するマルック・トイッカ、「愛しのタチアナ」までカウリスマキ作品の顔だったマッティ・ペロンパー、カウリスマキ作品の常連名脇役であるエスコ・ニッカリほか。1983年第1回フィンランド・ユッシ賞最優秀処女作品、最優秀脚本賞受賞。

ラヴィ・ド・ボエーム

パリを舞台に、3人の芸術家のボヘミアン生活を描く。監督・製作・脚本は「コントラクト・キラー」のアキ・カウリスマキ、原作はアンリ・ミュルジェールの小説『ボヘミアン生活の情景』(Scenes de la vie de boheme)、撮影はティモ・サルミネンが担当、音楽はセルジュ・レジアニが歌う「僕は飲む」、しのはらとしたけが歌う「雪の降る町を」などの既成曲を使用している。

NEW今日命日の映画人 12/1

シェリー・モリソン(2019)

無邪気な悪魔におもちゃが8つ

子供によって行われるショッキングな殺戮を描いたホラー。感化院の車が雪山で事故に遭い、護送されていた5人の問題児たちが脱走する。ロッジで冬を楽しく過ごそうとしていた大人たちに保護されるが、子供たちは彼らを残酷な方法で殺し始め…。【スタッフ&キャスト】監督:ショーン・マグレガー 脚本:ジョン・ダーレン 撮影:ポール・ヒップ/マイケル・シェア 出演:レイフ・ギャレット/ソレル・ブーク/ジーン・エヴァンス/シェリー・モリソン

愛のそよ風

『チェンジリング』のクリント・イーストウッドが初めて監督業だけに専念して制作したドラマ。不動産業を営む裕福な中年・フランクは、ある日ヒッピー風の少女・ブリージーと出会う。初めは自由に生きる彼女に苛立ちを覚えていたがフランクだったが…。【スタッフ&キャスト】監督:クリント・イーストウッド 製作:ロバート・デイリー 脚本:ジョー・ハイムズ 撮影:フランク・スタンリー 出演:ウィリアム・ホールデン/ケイ・レンツ/ロジャー・C・カーメル/シェリー・モリソン
マイケル・ライ(2019)

ルージュ(1987)

恋人を探すために現世へ戻ってきた美貌の幽霊の激しくも切ない恋を描くロマンチック・ファンタジー。監督はスタンリー・クワン。出演は、レスリー・チャン、アニタ・ムイ、アレックス・マンほか。2013年3月30日より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催された「レスリー・チャン メモリアル」にてデジタル上映。

九龍の眼

悪質な爆弾犯人たちを追いつめる香港警察の刑事チェンの活躍を描くアクション。「ポリス・ストーリー 香港国際警察」の続篇で、監督・主演・原案・スタント監修は「サイクロンZ」のジャッキー・チェン(成龍)、製作総指揮はレイモンド・チョウ(鄒文懐)とレナード・ホウ(何冠昌)、製作はエドワード・タン、脚本はエドワード・タンとジャッキー・チェン、撮影はチョウ・イウゾウ(張耀祖)とリー・ヤウトン(李有棠)、音楽はマイケル・ライ(黎小田)が担当。出演はほかに「ポリス・ストーリー 香港国際警察」のマギー・チャン(張曼玉)、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のタン・ピョウ(董驃)、「サイクロンZ」のクリスタル・コオ(郭錦恩)など。ビデオタイトル「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」。