恋のブラジル

こいのぶらじる
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「生きてる死骸」のイヴリン・キース、「恋愛放送」のキーナン・ウィン、「わが家の楽園」のアン・ミラー、「コンドル(1939)」のアリン・ジョスリン、メキシコ歌手テイトオ・ギサアル、ダンス・チームのヴェロスとエンリック・マドリゲラとその楽団が出演する音楽映画で1946年作品。脚本は「ミネソタの娘」のアレン・リヴキンがハリー・クローク及びデヴァリー・フリーマンと協力書き下ろし、ラジオのプロデューサー、舞台劇演出家だったMGMの契約監督S・シルヴァン・サイモンが借りられて監督に当たり、「接吻売ります」のチャールズ・ロートン・ジューニアが撮影を指揮している。

「恋のブラジル」のストーリー

リオ・デ・ジャネイロのホテル・カリオカは、ラテン・アメリカ色の濃厚なレビューで名高い。その支配人でレビューのプロデューサーのスチーヴ・ファーローは、別れた妻ヴィッキ・ディーンに、いまだに未練がある。彼女はダンス振付の才を恵まれている美人なので、スチーヴがヴィッキを悔しがるのはもっともに違いない。とはいえスチーヴが女ひでりをかこっている訳ではなかった。彼のレビューのスター、リンダ・ロレンスは大いに彼に思し召しがあり、秋波をおくっているのだが、ままならぬは恋のみち、リンダには歌手のティトオが惚れ込んでいるという次第。ここにヴィッキが婚約者ジョン・ハァバーを伴って、ホテルに乗り込んで来る。ヴィッキはスチーヴに離婚承諾書に署名してもらおうとて訪ねたわけだ。実はスチーヴは一度サインしたのであるが、数時間後に消えるインクを使ったのであった。それにこりているヴィッキはジョンのペンで、スチーヴにサインさせる。そのサインした離婚承諾書を、ジョンは紙入れに入れて懐中する。スチーヴはそのときジョンとペンを取り替えるのでジョンは消えインクのペンを持っている。スチーヴはヴィッキと別れたくないので、その紙入れをアーキーというタキシー運転手にすり取らせる。スチーヴのインクのトリックを知っているアーキーは、紙入れの中のペンでスチーヴにサインさせたので、銀行に行ったら小切手にはサインがない。憤慨した彼はことの次第をリンダに話し、二人でスチーヴを探しに出かける。スチーヴはヴィッキとジョンと共に見物中であった。アーキーはスチーヴから例の紙入れをスリ取るが、スチーヴは取返してしまう。ちょう度その時警官が来て、スチーヴ以外の一同は留置場にブチ込まれる。スチーヴは保釈金を積んで皆を出すが、新聞写真班にジョンをよく撮らせる。ジョンはこれが新聞に載ると、アルゼンチンの商事会社との懸案の取り引きがおじゃんになる恐れがあるので、急いでブエノス・アイレス行きの飛行機に乗らねばならなくなる。例の紙入れはリンダが手に入れていて、ヴィッキに渡す。スチーヴはヴィッキにまだ愛していることを告白するほかはない。それを聞くと、ヴィッキも実は彼の離婚承諾書がぜひ欲しいという訳ではないと本音を吐いた。二度目のサインも消えてしまった方がいいというような訳で、ヴィッキはスチーヴと共に喜んでリオに永住することと相成ったのである。

「恋のブラジル」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「恋のブラジル」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1946
製作会社 コロムビア映画
レイティング

「恋のブラジル」のみんなのレビュー

「恋のブラジル」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。