恋の手ほどき(1958)

こいのてほどき
上映日
1959年6月13日

製作国
アメリカ

ジャンル
ミュージカル コメディ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

1958年度アカデミー賞で、作品賞をはじめ10個のオスカー賞を獲得したミュージカル・コメディ。監督は「バラの肌着」のヴィンセント・ミネリがあたり、女流作家コレットの原作を、アラン・ジェイ・ラーナーが脚色している。撮影監督はジョセフ・ルッテンバーグで、パリに10週間にわたってロケが行われた。音楽監督と指揮はアンドレ・プレヴァン。主題歌“ジジ”他9つの歌曲を、「ブリガドーン」のチーム、フレデリック・ロウが作曲、アラン・ジェイ・ラーナーが作詞している。出演するのは「ガラスの靴」のレスリー・キャロン、「昼下りの情事」のモーリス・シュヴァリエ、「影なき恐怖」のルイ・ジュールダンの他、「八十日間世界一周」のハーミオン・ジンゴールド、「Z旗あげて」のエヴァ・ガボール、イザベル・ジーンズら。製作アーサー・フリード。

「恋の手ほどき(1958)」のストーリー

ジジ(レスリー・キャロン)はお祖母さんのマミタに育てられている無邪気な少女だ。マミタ(ハーミオン・ジンゴールド)の妹アリシタ(イザベル・ジーンズ)は昔社交界でならした一級の貴婦人である。その許へジジは学校が終わるとお行儀作法のお稽古に通っていた。ゆくゆくは、社交界の花形にしようとするマミタお祖母さんの野心である。彼女の古くからのお友達、金持ちで粋人ラシュイユ氏(モーリス・シュヴァリエ)もジジが大好きだ。彼の甥ガストン(ルイ・ジュールダン)もジジの無邪気さが大好きである。このガストンは砂糖王の2世として豪奢な生活をしている。そのために人生に退屈しきっていた。反対に叔父さんは、人生の総てが快楽の対象となるという楽天家であり、若く美しい友達が現れるたびに、マキシム・カフェに社交人士を招待し盛大なパーティーを開いた。このパーティーは社交界のバロメータで陰口と誇示と羨望が渦巻く豪華なものだった。ガストンは常にリアネ(エヴァ・ガボール)という美女と同伴で現れた。このリアネとスケート場の先生とが怪しいという噂が伝わった。ガストンはリアネを馘にし、スケートの先生をパリから追放した。傷心の甥のためにラシェイユ氏は連日連夜の宴をはった。が、ガストンは一向に浮かなかった。ジジ一家や叔父さんと海に行った時つくづくジジの社交界にない清純な心の美しさに愛を感じた。しかし今迄の気持ちを清算するために一時モンテカルロに旅立った。マミタお祖母さんは、ガストンこそジジの旦那様であると想定していた。旅行から帰ったガストンは、ジジが今迄の清純さとはうって変って俗物化されているのにがっかりした。しかしその愛情は募るばかり、意を決してお祖母さんに心を打ち明けると今度はジジから「一時的なお世話なら受けません」と断られてしまう。失恋だ。この気持ちを粋人の叔父さんに相談すると「断った?そりゃお前賃上げ要求さ」と落ち着いている。とどのつまり外の女を探せということになった。早速叔父さんのパーティーが開かれた。だがガストンが連れて来たのはジジだった。ジジの中に、消えていない可憐な清純さを知ったガストンは、マミタお祖母さんの所へジジを引っ張っていった。「ジジを下さい」と。

「恋の手ほどき(1958)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「恋の手ほどき(1958)」のスペック

基本情報
ジャンル ミュージカル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1958
公開年月日 1959年6月13日
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「恋の手ほどき(1958)」のみんなのレビュー




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/5

フランキー・ムニッズ(1985)

レーシング・ストライプス

競争馬に仕立てられたシマウマの活躍を描く動物エンタテインメント。監督・原作は「キャメロット」のフレデリック・デュショー。撮影は「スクービー・ドゥー」のデイヴィッド・エグビー。音楽は「ツイステッド」のマーク・アイシャム。美術は「すべては愛のために」のウォルフ・クルーガー。編集は「シンドバッド/7つの海の伝説」のトム・フィナン。出演は「アイ,ロボット」のブルース・グリーンウッド、「マリー・アントワネットの首飾り」のヘイデン・パネッティーア、「ワイルド・ワイルド・ウエスト」のM・エメット・ウォルシュ、「アメリカン・プレジデント」のウェンディー・マリックほか。声の出演は「エージェント・コーディ」のフランキー・ムニッズ、「ネバーランド」のダスティン・ホフマン、「ネメシス/S.T.X」のウーピー・ゴールドバーグ、「ウォーク・トゥ・リメンバー」のマンディ・ムーア、「デアデビル」のマイケル・クラーク・ダンカンほか。

エージェント・コーディ

TVシリーズ『マルコム in the Middle』で全米の人気者となった若手俳優フランキー・ムニッズが、弱冠15歳のCIAエージェントに扮するスパイ・アクション・コメディ。共演は人気アイドルのヒラリー・ダフ。
イ・スンチョル(1966)

後悔なんてしない

韓国を舞台に、アルバイトで生活費を稼ぐ孤児院育ちの青年と実業家の御曹司という、境遇の全く異なる二人の男性の同性愛を描く。自身が同性愛者である事をカミングアウトしたイ=ソン・ヒイル監督の長編第一作で、ベルリン国際映画祭パノラマ部門に出品された。出演はTVドラマ『恋人』のイ・ハン、「GP506」のイ・ヨンフン。

NEW今日命日の映画人 12/5

該当する人物がいません