恋の手ほどき(1925)

こいのてほどき
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

久々でジョン・エマースン氏アニタ・ルース女史合作の台本になるコンスタンス・タルマッジ嬢作品で「桃色の夜は更けて」「ダルシー」等と同じくシドニー・A・フランクリン氏が監督した。「桃色の夜は更けて」「ダルシー」「金魚娘」等主演のコンスタンス・タルマッジ嬢が主役で相手役は「国境の狼」「殺人ラジオ」等出演のアントニオ・モレノ氏が演じ、ジョニー・ハロン氏、ウォーレス・マクドナルド氏、アルフ・グールディング氏、エミリー・フィッツローイ嬢が助演する愉快な喜劇である。

「恋の手ほどき(1925)」のストーリー

パットは手も附けられぬお転婆娘で自分の気に入った男と見れば恋をしたがそれは若い女性に有りがちな気まぐれに過ぎず別に淫らな所業はしなかった。パットは学校を出ると間も無く父の遺産の管理人で彼女の後見人となっているスコット・ワーナーに初めて厳粛なうちにどこか言い知れぬ優しさを含んだ男らしさを見て純潔な恋は彼女の心に芽ぐんで来た。しかしパットの戯談を真に受けて彼女に結婚を迫ってきた4人の若者の始末にはさすがの彼女も途方にくれてしまった。ワーナーはこの苦境から彼女を救うには自分が彼女と結婚するより外はないと思った。そうして間もなく2人は結婚したが、それは彼が彼女に対するいかがわしい世評を裏切りたいための結婚でパットと同棲することは避けた。パットは心の空虚に堪えず名ばかりの夫と離別すべくパリに向かった。船上で彼女は昔の恋人の1人と逢って若し離婚が成立したら彼と結婚しようと約束した。同棲はしなくともワーナーは心からパットを愛していたので、彼も亦パリに彼女の跡を折って行き間もなく2人の間に真の了解が出来永く愛の生活に入った。

「恋の手ほどき(1925)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「恋の手ほどき(1925)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1925
製作会社 ファースト・ナショナル映画
レイティング

「恋の手ほどき(1925)」のみんなのレビュー

「恋の手ほどき(1925)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。