恋のセレナーデ

こいのせれなーで
製作国
アメリカ

ジャンル
ラブロマンス

ここが見どころ

「これぞ幸運」「ハリウッド征服」のパット・ペイターソンが「風雲の支那」「自由の翼」のニルス・アスターと共に主演する映画で、楽聖フランツ・シューパートを主人公とするロマンスを書いたもの。原作はリチャード・キャロルが執筆し、リン・スターリングとサリー・サンドリンが潤色し「水兵万歳」と同じくウィリアム・コンセルマンがヘンリー・ジョンソンと協力して脚色し、「これぞ幸運」のジェームズ・ティンリングが監督に当たった。助演俳優は「大空の地獄」「これぞ幸運」のハーバート・マンディン、「乾杯の唄」のハリー・グリーン、「奇傑パンチョ」のヘンリー・B・ウォルソール、ルシアン・リトルフィールド、フョゼフィン・ウォッテル、ハーマン・ビング等で撮影は「苦闘五十年」「限りなき世界」のアーサー・ミラーの担任。音楽指揮はサミュエル・ケイリンで、氏自らシューパードの名曲を編曲している。

「恋のセレナーデ」のストーリー

オーストリアの貴族ハツフェルト公爵は若い頃王室の名において1婦人と結婚し、可愛いヴァレリイ姫をもうけたが間もなく夫人は他界してしまった。ヴァレリイは王室の名で幼少の頃より某伯爵夫人の許へ預けられて無事に成長し今では美しい乙女となった。田舎に閑居して作曲にいそしんでいる当時一介の作曲家フランツ・シューベルトは偶然の機会にヴァレリイ姫と会い、お互いに熱烈に恋するようになった。しかしシューベルトは芸術に精進すべく愛するヴァレリイ姫との恋を思い切りウインへと志した。ハツフェルト公爵は王室の許しを受け、ヴァレリイ姫を呼び戻そうとしたが姫はシューベルトの事を忘れ兼ね、ある夜密かに男装して伯爵家を逃れウインへと走った。漂泊の音楽家達の群れに入って苦しい生活を続けていたシューベルトはある日思いがけなくも訪れたヴァレリイに驚き且つ喜んだが、その喜びも束の間ヴァレリイは公爵のために発見されて宮殿へと連れ戻された。淋しく宮殿の中でシューベルトの事を思い暮らしていた姫は恋人を世に出させようと決心し、国王に願って宮中で大演奏会を催し大成功を収め、シューベルトの名は一躍世界的となった。かくてヴァレリイ姫の固い決心を知った王と公爵はついに我を折って姫の願を入れ、ここに愛し合っている2人は幸福に結ばれた。

「恋のセレナーデ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「恋のセレナーデ」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1934
製作会社 フォックス映画
レイティング

「恋のセレナーデ」のみんなのレビュー

「恋のセレナーデ」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/5

フランキー・ムニッズ(1985)

レーシング・ストライプス

競争馬に仕立てられたシマウマの活躍を描く動物エンタテインメント。監督・原作は「キャメロット」のフレデリック・デュショー。撮影は「スクービー・ドゥー」のデイヴィッド・エグビー。音楽は「ツイステッド」のマーク・アイシャム。美術は「すべては愛のために」のウォルフ・クルーガー。編集は「シンドバッド/7つの海の伝説」のトム・フィナン。出演は「アイ,ロボット」のブルース・グリーンウッド、「マリー・アントワネットの首飾り」のヘイデン・パネッティーア、「ワイルド・ワイルド・ウエスト」のM・エメット・ウォルシュ、「アメリカン・プレジデント」のウェンディー・マリックほか。声の出演は「エージェント・コーディ」のフランキー・ムニッズ、「ネバーランド」のダスティン・ホフマン、「ネメシス/S.T.X」のウーピー・ゴールドバーグ、「ウォーク・トゥ・リメンバー」のマンディ・ムーア、「デアデビル」のマイケル・クラーク・ダンカンほか。

エージェント・コーディ

TVシリーズ『マルコム in the Middle』で全米の人気者となった若手俳優フランキー・ムニッズが、弱冠15歳のCIAエージェントに扮するスパイ・アクション・コメディ。共演は人気アイドルのヒラリー・ダフ。
イ・スンチョル(1966)

後悔なんてしない

韓国を舞台に、アルバイトで生活費を稼ぐ孤児院育ちの青年と実業家の御曹司という、境遇の全く異なる二人の男性の同性愛を描く。自身が同性愛者である事をカミングアウトしたイ=ソン・ヒイル監督の長編第一作で、ベルリン国際映画祭パノラマ部門に出品された。出演はTVドラマ『恋人』のイ・ハン、「GP506」のイ・ヨンフン。

NEW今日命日の映画人 12/5

該当する人物がいません