カフェ・オ・レ

かふぇおれ Metisse
上映日
1998年5月9日

製作国
フランス

上映時間
95分

ジャンル
ラブロマンス コメディ

ここが見どころ

異人種間の三角関係を描くラヴ・コメディ。監督・脚本・主演は「憎しみ」「アサシンズ」で注目をあつめるフランスの気鋭マチュー・カソヴィッツで、彼の長編劇映画監督デビュー作。製作のクリストフ・ロシニョンと撮影のピエール・エイムは本作以降「憎しみ」「アサシンズ」でもカソヴィッツと組んだ。音楽はジャン=ルイ&マリー・ドールン。美術はピエール=アンドレ・ロセッテ。編集はコレット・ファルジアとジャン=ピエール・セーガル。衣裳はリディ・ボナール。共演はカソヴィッツの次作「憎しみ」にも出演したユベール・クンデとジュリー・モディシェ、同作で主演したヴァンサン・カッセル、さらに彼の実父ジャン=ピエール・カッセルが特別出演。パリ映画祭審査員特別賞を受賞。

「カフェ・オ・レ」のストーリー

ユダヤ人の自転車メッセンジャーのフェリックス(マチュー・カソヴィッツ)は、美人の黒人女子学生ローラ(ジェリー・モデュシェ)と付き合っていたが、彼女には別の恋人がいた。その男は、イスラム教徒でエリート大学生の黒人青年ジャマル(ユベール・クンデ)。恋敵となった二人の男は反目し合うが、彼女が妊娠したと知ると、どちらの子供なのか分からないまま、仕方なく協力して出産まで面倒をみることにする。そして彼女は無事出産。3人は喜びあい、生まれたての赤ん坊を囲むのであった。

「カフェ・オ・レ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「カフェ・オ・レ」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス コメディ
製作国 フランス
製作年 1993
公開年月日 1998年5月9日
上映時間 95分
製作会社 ラゼネック・プロ?ラ・セプト・シネマ?ノマド・フィルムズ作品
配給 KUZUIエンタープライズ
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「カフェ・オ・レ」のみんなのレビュー

「カフェ・オ・レ」のレビューを書く

「カフェ・オ・レ」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/5

フランキー・ムニッズ(1985)

レーシング・ストライプス

競争馬に仕立てられたシマウマの活躍を描く動物エンタテインメント。監督・原作は「キャメロット」のフレデリック・デュショー。撮影は「スクービー・ドゥー」のデイヴィッド・エグビー。音楽は「ツイステッド」のマーク・アイシャム。美術は「すべては愛のために」のウォルフ・クルーガー。編集は「シンドバッド/7つの海の伝説」のトム・フィナン。出演は「アイ,ロボット」のブルース・グリーンウッド、「マリー・アントワネットの首飾り」のヘイデン・パネッティーア、「ワイルド・ワイルド・ウエスト」のM・エメット・ウォルシュ、「アメリカン・プレジデント」のウェンディー・マリックほか。声の出演は「エージェント・コーディ」のフランキー・ムニッズ、「ネバーランド」のダスティン・ホフマン、「ネメシス/S.T.X」のウーピー・ゴールドバーグ、「ウォーク・トゥ・リメンバー」のマンディ・ムーア、「デアデビル」のマイケル・クラーク・ダンカンほか。

エージェント・コーディ

TVシリーズ『マルコム in the Middle』で全米の人気者となった若手俳優フランキー・ムニッズが、弱冠15歳のCIAエージェントに扮するスパイ・アクション・コメディ。共演は人気アイドルのヒラリー・ダフ。
イ・スンチョル(1966)

後悔なんてしない

韓国を舞台に、アルバイトで生活費を稼ぐ孤児院育ちの青年と実業家の御曹司という、境遇の全く異なる二人の男性の同性愛を描く。自身が同性愛者である事をカミングアウトしたイ=ソン・ヒイル監督の長編第一作で、ベルリン国際映画祭パノラマ部門に出品された。出演はTVドラマ『恋人』のイ・ハン、「GP506」のイ・ヨンフン。

NEW今日命日の映画人 12/5

該当する人物がいません