恋のクレジット

こいのくれじっと
上映日
1963年7月27日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

監督は「プレイボーイ」のマイケル・ゴードン、脚本はラリー・マークスとマイケル・モリス、撮影はクリフォード・スタイン、音楽はジョセフ・ガーシェンソンが担当している。出演者は、「ガン・ファイター」のカーク・ダグラス、「南太平洋」のミッチー・ゲイナー、「ミンクの手ざわり」のギグ・ヤング、「裏窓」のセルマ・リッター、「影なき狙撃者」のレスリー・パリッシュ、「プレイボーイ」のウィリアム・ベンディックスなど。製作はロバート・アーサー。

「恋のクレジット」のストーリー

弁護士ディーク・ジェントリー(カーク・ダグラス)は、富豪の未亡人クローイ・ブラッシャー(セルマ・リッター)から10万ドルの謝礼金で、夫人の3人の娘ケイト(ミッチー・ゲイナー)ボニー(ジュリー・ニューマー)ジャン(レスリー・バリッシュ)を、彼女が決めた3人の花婿候補とうまく結婚させるよう依頼された。プレイボーイで独身主義のディークにとって、ロマンチックなムードを盛り上げることなどなんでもない。所得税調査委員ハーヴェイ(リチャード・サージャント)をふとっちょのお転婆娘ボニーと刑余者救済事業のベテラン、サム(ウィリアム・ウィンダム)をビート娘ジャンと、それぞれキッスの段階まで待っていた。ところが、誘導質問研究所の主任で分析癖のあるケイトを、育児食会社社長で社交家のサニー・スミス(ギグ・ヤング)に会わせる段になると、ディークが苦心して恋のムードのお膳立てをするたびに、サニーはほかの女友だちの方へ脱線し、ディークはものすごく色っぽくなったケイトと2人きりで置き去りにされてしまう。こんなことが重なるうち、ケイトはディークに夢中になってしまい、サニーがやっとケイトに会って、これぞわが花嫁と思った時はもう遅い。だがケイトはディークが母親に10万ドルで雇われているのを知って絶望し、サニーに誘われるまま船旅に出ようとする。ここに至ってディークも自分の恋を自覚し、彼女に求婚した。そして10万ドルの謝礼金は断ることを宣言した。この成り行きをみて、母のクローイはほくそ笑んでいた。彼女は初めからディークを婿にするつもりだが、一悶着あった後でなければこの2人はうまくゆかぬと思っていたのだった。

「恋のクレジット」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「恋のクレジット」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1963
公開年月日 1963年7月27日
製作会社 ユニヴァーサル映画
配給 ユニヴァーサル
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「恋のクレジット」のみんなのレビュー

「恋のクレジット」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/21

永田雅一(1906)

地獄門 デジタル復元版

第7回カンヌ国際映画祭グランプリ、第27回アカデミー賞最優秀外国語映画賞、衣装デザイン賞を受賞した大映の第一回天然色映画「地獄門」のデジタル復元版。撮影助手として本作に関わった森田富士郎氏の監修の元、オリジナル・ネガより三色分解したマスター・ポジなどを素材に当時の色彩を復元している。東京国立近代美術館・フィルムセンターと角川映画の共同事業。2011年5月2日NHK・BSプレミアムで放映。2012年4月28日、東京・京橋フィルムセンターにて特別上映。

日蓮

古代王朝から新興武士へと政権が移りつつあった承久四年(一二二二年)に生まれた日蓮の、言語を絶する迫害をはねのけての布教活動の生涯を描く。原作は川口松太郎、脚本監督は、「遺書 白い少女」の中村登、撮影は「俺は田舎のプレスリー」の竹村博がそれぞれ担当している。
神尾楓珠(1999)

裏アカ

TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2015準グランプリを受賞した人間ドラマ。どこか満たされない真知子は、SNSの裏アカウントを作り際どい写真を投稿。思わぬ反響に快感を覚える中、フォロワーの一人ゆーとと一度限りの関係を持つが、彼に惹かれてしまい……。木村大作、降旗康男、原田眞人、成島出といった監督のもとで助監督を務めてきた加藤卓哉が本作で監督デビュー。やり場のない気持ちを抱えSNSの裏アカウントにハマっていく伊藤真知子を「火口のふたり」の瀧内公美が、表の顔と裏の顔を使い分ける年下の男をドラマ『左ききのエレン』に主演した神尾楓珠が演じる。2020年6月12日より公開延期。

樹海村 じゅかいむら

NEW今日命日の映画人 1/21

セシル・B・デミル(1959)

クレオパトラ(1934)

セシル・B・デミルが「新世紀」「恐怖の四人」に次いで監督製作した映画で、「喇叭は響く」「恐怖の四人」の脚色者バートレット・コーマックが史実に取材して組立てた物語で「路傍」「夜毎来る女」のヴィンセント・ローレンスと「坊やはお休み」「暴君ネロ(1932)」のウォルデマー・ヤングが共同脚色したもの。主役は「暴君ネロ(1932)」「或夜の出来事」のクローデット・コルベールが勤め、「一日だけの淑女」のウォーレン・ウィリアム、英国劇壇から招聘されたヘンリー・ウィルコクスンが共演するほか、「絢爛たる殺人」のガートルード・マイケル、「薫る河風」のジョセフ・シルドクラウト「クリスチナ女王」のアイアン・キース及びC・オーブリー・スミス、「妾は天使じゃない」のアーヴィング・ピチェル等が助演している。撮影は「生活の設計」「恋の凱歌」のヴィクター・ミルナーの担当である。

十戒(1957)

1923年、今回と同様セシル・B・デミルが監督した「十誡(1923)」の再映画化で、製作費1350万ドルを費やしたというスペクタクル宗教史劇、イーニアス・マッケンジー、ジェン・L・ラスキー・ジュニア、ジャック・ガリス、フレドリック・M・フランクの4人が脚本を書き、「胸に輝く星」のロイヤル・グリグスが撮影監督をつとめた。特殊撮影を受け持ったジョン・P・フルトンは1957年度アカデミー賞を受賞した。音楽は「最前線」のエルマー・バーンスタイン。主演は「三人のあらくれ者」のチャールトン・ヘストン、アン・バクスター、「追想」のユル・ブリンナー、「地獄の埠頭」のエドワード・G・ロビンソン、「勇者カイヤム」のデブラ・パジェット、そのほか「裸の天使」のジョン・デレク、「重役室」のニナ・フォック、「南部の反逆者」のイヴォンヌ・デ・カーロ、「放浪の王者(1956)」のサー・セドリック・ハードウィック、「サヨナラ」のマーサ・スコット。231分版もあり。