デボラがライバル

でぼらがらいばる
上映日
1997年8月9日

製作国
日本

上映時間
94分

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

念願のひとり暮らしを始めた女子大生の隣室にオカマが住んでいたことから始まる恋の騒動を描いた青春コメディ。監督は「人でなしの恋」の松浦雅子。多田かおるによる同名コミックを、テレビの売れっ子シナリオライターでもある伴一彦が脚色。撮影を伊藤昭裕が担当している。主演は「瀬戸内ムーンライトセレナーデ」の吉川ひなのと、「極道戦国志/不動」の谷原章介。ぼくたちの映画シリーズ第3期作品。

「デボラがライバル」のストーリー

光明大学のアメフト・チーム、アルバトロスのキャプテン・五十嵐に一目惚れした高校生の朝代は、半年後、親友のしずかとともに光明大学に合格し、早速、チアリーディング部に入部した。親を口説き落としてひとり暮らしを始めた朝代は、隣室にアメフト部の選手が出入りしていることを知って胸躍らせる。しかし、実はそこにはアルバトロスの花形クォーターバックで、デボラと名乗るオカマでもある市松が住んでいた。デボラの見かけや言動とは違った優しい内面に触れていくうち、朝代は彼と自由に部屋を行き来する仲になる。ある日、朝代の五十嵐に対する気持ちに気づいたデボラの後押しのおかげで、朝代は五十嵐とつきあうことになった。ところが、朝代はふとしたことでデボラが五十嵐を愛していることを知って彼に同情心を見せ、ふたりの友情に亀裂が入ってしまう。さらに朝代は、前の恋人・千秋のことを忘れられないでいる五十嵐にふられてしまった。そんな折、突然デボラが姿を消し、彼の居所をつかんだ朝代と五十嵐は、高原のゲイコミューンを訪れる。デボラはそこでドラッグクイーンとしてショーに出演していたのだ。呼び戻そうとする五十嵐にデボラは愛を告白するが、それは受け入れられなかった。関東大学対抗アメフト・リーグの大会当日、デボラを欠いたアルバトロスは朝代の懸命の応援も及ばず、前年の覇者・若葉大学イーグルスを相手に苦戦を強いられる。ところが、残り6秒となり、1トライで逆転という場面にデボラが現れた。デボラのロングパスが決まり、奇跡の逆転優勝を果たしたかに見えたが、五十嵐のタッチダウンはもう少しのところで届かず、アルバトロスは敗れてしまう。しかし、デボラは以前の元気を取り戻し、朝代とふたりで仲良くキャンパスライフを謳歌した。

「デボラがライバル」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「デボラがライバル」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 1997
公開年月日 1997年8月9日
上映時間 94分
製作会社 フジテレビジョン=東映作品(製作協力 ROBOT)
配給 東映
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビー

「デボラがライバル」のみんなのレビュー

「デボラがライバル」のレビューを書く

「デボラがライバル」の多彩なBlu-ray/DVD