恋盜人

こいぬすびと
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

フレッド・マイトン氏の小説「エンゼルの顔をしたモリー」に基づきトム・ホプキンス氏が脚色し、「パリは懲り懲り」「恥かしの告白」と同じくオスカー・アッフェル氏の監督したもの。主役は「恥かしの告白」「パリは懲り懲り」等と同じくヴァイオラ・ダナ嬢で、相手役は「魔海の髑髏島」「アダムス・リブ」等出演のミルトン・シルス氏、「汝の名は女」「愛国の喇叭」等出演のウォーレス・マクドナルド氏等で、ニューヨークの女賊をヒロインにした筋である。

みんなのレビュー

「恋盜人」のレビューを書く

「恋盜人」のストーリー

スパイク・モーランの悪漢団の仲間に入っていたモリーは、一日スパイクと共に探偵に追われ、ジョン・ランドの邸宅へ逃げ込んで彼の母に助けれる、モリーは母の感化で今までの汚れた生活を棄てて、新生活に入る喜びを知った。ジョンはラモンと言う悪人に計られ、ラモンを信じて知らず知らずのうちに悪事に引込まれようとしたが、ラモンはジョンを破滅させようとするサイラスの手先になって、ジョンの金庫のうちへ彼を罪人に陥すべき書類を隱し、官憲に密告してジョンを捕えさせようと計っていた。これを知ったモリーはスパイクをして金庫の中から書類を盗み出させたので、役人が来た時には書類は見つからなかった。モリーのこの行いはジョンの母の疑いを買ったが、彼女の真意が知られて遂にジョンとモリーとは結婚することになった。

「恋盜人」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「恋盜人」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1924
製作会社 メトロ映画
配給 松竹キネマ
レイティング

「恋盜人」のみんなのレビュー

「恋盜人」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。