新・欲望の町 古惑仔疾風、再び

しんよくぼうのまちこわくちゃいしっぷうふたたび 古惑仔3之隻手遮天 Young and Dangerous 3
上映日
1997年10月4日

製作国
香港

上映時間
98分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

香港の黒社会をクールに生き抜くチンピラ青年たちの活躍をスタイリッシュに描いて大ヒットした青春群像劇の続編。シリーズ第3作。回を重ねるごとに、多彩なキャラクターたちが織りなす集団劇のおもしろさが増してきた。監督・撮影のアンドリュー・ラウ、製作・脚本のマンフレッド・ウォン、音楽のクラレンス・ホイ、編集のマー・コーと主要スタッフは前作「欲望の街/古惑仔II・台湾立志伝」と同じ。キャストもチェン・イーキン、チャン・シウチョンの主演コンビをはじめ前作同様。新たに「食神」のカレン・モクがレギュラーに加わり、また「野獣特捜隊」のチョン・イウヨンが悪役を憎々しげに演じている。

「新・欲望の町 古惑仔疾風、再び」のストーリー

ナン(チェン・イーキン)たちの所属する結社・洪興社と同様に、黒社会の結社である東星社のボスのロクは、しきたりを重んじ、抗争よりも金儲けに重点を置く経済マフィアだが、その軍師である笑面虎=タイガー(ン・チーホン)や残虐な烏鴉=クロウ(チョン・イウヨン)たちは、あからさまに洪興社に対する敵意を剥き出しにしていた。その頃、5人の古惑仔たちは、過去の抗争事件で記憶喪失になったナンの恋人サイ(ジジ・ライ)の記憶を甦らせようと、2人の出会いを再現していた。また、サンカイ(チャン・シウチョン)は牧師(ラム・ソーンイー)の娘シュクファン(カレン・モク)と偶然出会い、新しい付き合いを始めていた。一方、洪興社への攻撃のきっかけを伺う東星社のタイガーとクロウは、黒社会恒例のオークションでのフェイ(アンソニー・ウォン)への嫌がらせ、ナンの縄張りへの明らかな侵攻と、挑発を続けていた。さらに彼らは、洪興社のボス、チャン(サイモン・ヤム)の愛人である映画女優フォンを誘拐。ついには旅行先のオランダでチャンを殺害し、その罪をナンに被せた。タイガーとクロウは、洪興社とナンが仕切る銅鑼湾を奪い、オランダからの麻薬の陸揚げ基地にする野望を持っていたのだ。ボス殺しの罪でフェイたち組織から追われるナン。そして、タイガーとクロウは、欲望のために自分たちのボスであるロクさえも殺し、さらにはサイを囮にナンを呼び出す。ナンはサンカイに救出されたが、凶暴なクロウによってサイは命を落としてしまう。さまざまな人々が集まったロクの葬儀の席上、悲しみと怒りに燃えるナンたち古惑仔は全てを明らかにし、洪興社と東星社が激突。ナンはサイの仇を敵を討って、ついにタイガーとクロウは倒し、古惑仔たちの結束はさらに高まった。

「新・欲望の町 古惑仔疾風、再び」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「新・欲望の町 古惑仔疾風、再び」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 香港
製作年 1996
公開年月日 1997年10月4日
上映時間 98分
製作会社 電影原聲大磔由作品
配給 彩プロ配給(バップ提供)
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビー

「新・欲望の町 古惑仔疾風、再び」のみんなのレビュー

「新・欲望の町 古惑仔疾風、再び」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 7/24

ジェニファー・ロペス(1969)

ハスラーズ

ニューヨーク・マガジンに掲載された記事を原案に、ウォール街を震撼させた驚愕の実話を映画化。ストリップクラブで働くデスティニーとラモーナは、リーマン・ショックの影響で客の入りが激減するなか、薬物を入れた酒を客に飲ませて大金を奪う計画を企てる。出演は、「クレイジー・リッチ!」のコンスタンス・ウー、「PARKER パーカー」のジェニファー・ロペス、「ボーン」シリーズのジュリア・スタイルズ。監督は「エンド・オブ・ザ・ワールド」のローリーン・スカファリア。

PARKER パーカー

ドナルド・E・ウェストレイクの小説『悪党パーカー』の映画化。強盗の復讐劇を描く犯罪アクション。出演は「トランスポーター」のジェイソン・ステイサム、「メイド・イン・マンハッタン」のジェニファー・ロペス。監督は「Ray/レイ」のテイラー・ハックフォード。脚本は「ブラック・スワン」のジョン・マクラフリン。
ガス・ヴァン・サント(1952)

ドント・ウォーリー

ガス・ヴァン・サント監督が風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生を映画化。酒浸りのジョンは自動車事故により胸より下が麻痺し車いす生活を余儀なくされる。ますます酒に溺れ荒れる彼だったが、やがて持ち前の辛辣なユーモアを活かして風刺漫画を描き始める。俳優ロビン・ウィリアムズがジョン・キャラハンの自伝『Don't Worry He Won't Get Far on Foot: The Autobiography of Dangerous Man』の映画化権を得ており、当初からガス・ヴァン・サントを監督にと相談を持ち掛けていた。不屈のジョン・キャラハンを「ビューティフル・デイ」のホアキン・フェニックスが演じる。

追憶の森

富士山麓に広がる青木ヶ原樹海を舞台に、ガス・ヴァン・サント監督が豪華スターを迎え紡いだミステリードラマ。死に場所を求めて樹海に入ったアメリカ人男性が、瀕死の男性を助けようと出口を探しさまよう中で、人生を見つめ直していく。絶望の淵に立つアメリカ人男性を「インターステラー」のマシュー・マコノヒーが、妻子の元に戻ろうとする男性を「硫黄島からの手紙」の渡辺謙が、アメリカ人男性の妻を「インポッシブル」のナオミ・ワッツが演じる。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品。

NEW今日命日の映画人 7/24

イーゴリ・タランキン(2010)

セルギー神父

監督作「戦争と平和」で米アカデミー賞最優秀外国語映画賞を獲得、俳優としても活躍したセルゲイ・ボンダルチュクが主演したトルストイ原作の人間ドラマ。婚約者の裏切りを知った近衛士官スチェパン・カサツキーは修道僧になるが、女性地主に誘惑され……。監督は「チャイコフスキー」のイーゴリ・タランキン。2008年、トルストイ生誕180周年記念ロシア名画フェスティバルにて上映(上映タイトル「司祭セルギー(神父セルギー)」)。2020年9月18日より開催のセルゲイ・ボンダルチュク生誕100周年記念特集にて2Kデジタル版が劇場上映される。

チャイコフスキー

ロシアの大地が生んだ偉大な作曲家チャイコフスキーの愛と苦悩を掘りさげる感動の人間ドラマであり、ソビエトのベストメンバーをよりすぐった名演奏による不滅のメロディが奏でられる音楽映画。総指揮・音楽監督を「ハイヌーン」「アラモ」「OK牧場の決闘」のメロディで名高いディミトリ・ティオムキン、監督・脚本はイーゴリ・タランキン、撮影はおそく世界にただ一人の女性撮影監督であろう、マルガリータ・ピリーヒナ、ほかに来日したボリショイ・オペラ、ボリショイ・バレエのメンバー、レニングラード管弦楽団、ボリショイ劇場管弦楽団、至宝ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー等々ソビエト音楽界のベストメンバーが演奏・出演している。出演は「ハムレット(1964)」のインノケンティ・スモクトゥノフスキー、「戦争と平和」のアントニーナ・シュラーノワ、世界バレエ界のプリマ・バレリーナのマイヤ・プリセツカヤ、「戦争と平和」のウラジスラフ・ストルジェリチクなど。カラー、七〇ミリ。

「新・欲望の町 古惑仔疾風、再び」を観ているあなたにおすすめの映画