恋ごころ(1948)

こいごころ
上映日
1950年10月31日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「バグダッド」のロバート・アーサーが製作、「氷上円舞曲」のフレデリック・デ・コルドヴァが監督した、ディアナ・ダービン主演の1948年度作品。(この映画を最後にダービンはハリウッドを去った)オスカー・ブロドニーの書下ろしになる脚本で、撮影は「裸の町」のウィリアム・ダニエルス、音楽は「恋人よいま一度」のフランク・スキナーの手になる。助演者は「二重生活」のエドモンド・オブライエン、「戦場(1949)」のドン・テイラー、「三人の妻への手紙」のジェフリー・リン、「帰郷(1948)」のレイ・コリンズ、「ケンタッキー魂」のヒューゴー・ハース、「若草物語(1949)」のハリー・ダヴェンポート等である。

「恋ごころ(1948)」のストーリー

大統領官邸の電話交換手のメリー・ペッパートリーは快活な性格と美しい声でお役人中の評判娘であったが、許約者で司法省に勤めるフィリップとうまが合わなかった。メリーは彼を避けるために、コパンゴ島の持ち主で、島が海軍基地にされたため臨海実験所の仕事ができないと大統領のところに陳情にやってきたデイヴィッド・パクストンを利用することにした。一方、大統領の秘書のピーボディは彼女にデートの相手がいないものと勘違いをして、若い海軍士官のトム・ファリントンを差しむける。フィリップ、デイヴィッド、トムの3人が計らずもメリーの出席したパーティーでかち合ってしまうが、困ったことに、3人とも彼女が好きになったため、メリーの立場は複雑きわまるものとなる。ピーボディはデイヴィッドを危険思想の持ち主と誤解し再度トムをメリーの元に派遣したが、このことから、トムの許婚の提督娘がお冠りとなったと聞き、今度はトムをメリーから引きはなそうと苦心をした。間もなく、デイビィッドにアメリカ市民権のないことがわかり、彼の持つコパンゴ島の所有権をめぐって政治・国防上の問題が起こった。デイヴィッドはフィリップとトムをメリーの身辺から遠ざけ、島民にアメリカ市民権を与えることを条件に、島を米国政府に譲ろうといった。今はすっかり、デイヴィッドを愛していたメリーがこの話を聞き、とび上がって喜んだことはいうまでもない。

「恋ごころ(1948)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「恋ごころ(1948)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1948
公開年月日 1950年10月31日
製作会社 U・I映画
配給 セントラル
レイティング

「恋ごころ(1948)」のみんなのレビュー

「恋ごころ(1948)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません