恋をしましょう(1933)

こいをしましょう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「闇に踊る(1932)」「女学生の日記」のデイヴィッド・バートンが監督した映画でハーバート・フィールズが書き下ろしたものである。主役は「暗夜行路」「晩餐八時」のエドモンド・老で、相手役は無名より抜擢されたアン・サザーンと「笑う巨人」「深夜の紳士」のミリアム・ジョーダン、「キャバレエの鍵穴」「めりけん音頭」のグレゴリー・ラトフで、「ナガナ」のタラ・ビレル、「肉体」のグレタ・マイヤー等が助演している。撮影は「恩讐」「戦時特派員」のベンジャミン・H・クラインの担任。

「恋をしましょう(1933)」のストーリー

プレミア撮影所出はケン・レーン監督のもとに1本の特作映画が撮影中である。主役女優のフォーセルはわがままの癇癪持ちで、撮影半ばにつむじを曲げて飛び出してしまう。この映画は背景がスウェーデンなので、主役女優はスウェーデン訛りの英語を喋り、且つ唄を唄うことが必須条件なので、代役発見に数百名のスウェーデン娘をテストしてみたがケンの気に入る女は1人もない。所長マックスは撮影中止といい出す始末。腐ったケンは許婚者ジェリーに誘われるままにサーカス見物に出かけて、フランス訛りを操る美しい切符売り子ジーンを見いだす。その夜遅くケンは1人で出直してジーンにフォーセルの代役を勤めて暮れと頼んだ。ケンはこのことを何人にも明かさず絶対秘密裡に、ジーンを知り合いのスウェーデン人リザの家庭に預けてスウェーデン語を全速力で仕込ませる。彼女がスウェーデン訛りの英語を話し、スウェーデン人同様にみえる様になると、シグリッド・ランドと名付けてマックスに推薦する。テストをしてみるとその演技が素晴らしいのでマックスは狂喜して彼女を契約し大宣伝を始める。シグリッドのケンに対する態度に疑いを抱き始めたジェリーは、マックスが催したシグリッド・ランド披露の宴会で、遂に彼女がサーカスの切符売り子だったことを思い出し、酒の酔と嫉妬からこの秘密を暴露する。マックスは怒ってケンを馘首し、シグリッドのジーンは姿を隠してしまう。このことを新聞が書き立てたので、ハリウッドで行き馬の目を抜いたアメリカ娘としてシグリッド・ランドの名はアメリカ中に宣伝される。ニューヨーク本社はマックスに彼女を探し出してケンに監督させよと厳命する。マックスはケンを復職させ彼女を伴れ戻してくれと頼み込む。ケンはサーカス1座をカンサス市まで追って行き、切符売り子に逆戻りしていたジーンを映画界に改めてデヴューさせると共に、幸福なロマンスの実を結んだのである。

「恋をしましょう(1933)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「恋をしましょう(1933)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 コロンビア映画
レイティング

「恋をしましょう(1933)」のみんなのレビュー

「恋をしましょう(1933)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。