ソフィー・マルソーの三銃士

そふぃーまるそーのさんじゅうし
上映日
1996年6月29日

製作国
フランス

上映時間
130分

ジャンル
アクション

ここが見どころ

三銃士の剣士ダルタニヤンの娘が宮廷の陰謀に立ち向かう姿を描いたアクション・ロマン。ヒロインは「ブレイブハート」のソフィ・マルソー、老いたダルタニヤンには「イル・ポスティーノ」のフィリップ・ノワレが扮し、彼らの共演がみもの。監督は「ひとりぼっちの狩人」のベルトラン・タヴェルニエ。

「ソフィー・マルソーの三銃士」のストーリー

フランス南部のとある修道院。ある夜、一人の黒人奴隷が逃げ込んできた。身を挺して彼をかばった院長は、追っ手の男とその情婦の紅いドレスの女に刺し殺されてしまう。そのいまわの際を看取ったのは、有名な剣士ダルタニアン(フィリップ・ノワレ)の娘、エロイーズ(ソフィ・マルソー)だった。この事件の背後に陰謀の存在を感じたエロイーズは、父の助力を得るため、単身パリへ。途中、おかしな若い詩人クエンティン(ニル・タヴェルニエ)と知り合い、愛しあうようになる。20年ぶりに再会した父だが、寄る年波には勝てず、娘の訴えにも重い腰を上げようとしない。たまらず次期国王ルイ14世に直訴を試みるが、うまくいかない。だが、娘の懸命さに胸打たれたダルタニアンは、往年の仲間、アラミス(サミー・フレイ)とポルトス(ラウール・ビレリー)を集め、遂に真相を暴くべく決起する。一方、ただならぬ事態を察知したマザラン枢機卿もまた、動きだしていた。院長の仇、そして陰謀の首魁はクラサック公爵(クロード・リッシュ)とその愛人エグラン ティーヌ(シャルロット・ケイティ)とにらんだ一行は、その所領へ乗り込むが、エロイーズが敵の手に落ちてしまう。ある古城でマザラン側の密偵と鉢合わせした三人、しかしその密偵こそかつての三人の親友、アトス(ジャン=リュック・ビドー)だった。そして陰謀とは、闇の奴隷売買で私服を肥やすクラサックが、諸侯を糾合、ルイ14世を暗殺し、国を私せんとする恐るべきクーデターのことであった。エロイーズが監禁された修道院へと乗り込む四銃士たち。激闘の末、クラサックはエロイーズとダルタニアンの刃に倒れ、ここに陰謀は見事に粉砕されるのだった。

「ソフィー・マルソーの三銃士」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ソフィー・マルソーの三銃士」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 フランス
製作年 1996
公開年月日 1996年6月29日
上映時間 130分
製作会社 CIBY2000=TF1プロ作品
配給 アート・キャップ
レイティング

「ソフィー・マルソーの三銃士」のみんなのレビュー

「ソフィー・マルソーの三銃士」のレビューを書く

「ソフィー・マルソーの三銃士」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/26

エイブ・ヴィゴーダ(2016)

アンダーワールド(1996)

自分と父親を陥れた真犯人を見つけるため、正体不明の謎の男に接近する青年のパラノイアックな復讐劇を描いた異色サスペンス。本作の後「マッド・ドッグス」(日本では98年1月公開)で監督デビューも果たしたヴェテラン俳優ラリー・ビショップ(本作で助演も)の脚本を、「スター・ウォーズ」(美術監督としてアカデミー装飾部門最優秀賞を受賞)、『The Sender』(日本未公開、監督作)のロジャー・クリスチャンの監督で映画化。美術はアキ・カウリスマキ監督作品(「ラ・ヴィ・ド・ボエーム」ほか)でも知られるジョン・エブデン。出演は「ネオン・バイブル」のデニス・レアリー、「アンカーウーマン」のジョー・モントーニャ、「フューネラル」のアナベラ・シオラ、「ゴッドファーザー」のアベ・ヴィゴダ、「シリアル・ママ」のトレイシー・ローズほか。

シュガー・ヒル

ニューヨーク・ハーレムの暗黒街で、ドラッグ売買のトップにのし上がった2人の兄弟の葛藤を軸に展開する、愛と暴力に彩られたブラック・ムービー。監督はキューバ出身で、カンヌ国際映画祭で上映された「クロスオーバー・ドリーム」やテレビ映画「心臓が凍る瞬間」(日本では劇場公開)などの作品があるレオン・イチャソ。脚本はバリー・マイケル・クーパー。製作は「ラブ・クライム 官能の罠」のルディ・ラングレイスと、グレゴリー・ブラウン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ザ・コミットメンツ」のアーミヤン・バーンスタインとトム・ローゼンバーグ、マーク・エイブラハムズの共同。撮影は「ディープ・カバー」「カリフォルニア(1993)」のボージャン・バゼリ。音楽はテレンス・ブランチャードで、ジャズ、ファンク、ソウル、ラップ、ヒップホップ、ブラック・コンテンポラリー、アフリカン・ミュージックからゴスペルに至るまで、さまざまなブラック・ミュージックの挿入曲が全編に流れる。美術は「再会の時」のマイケル・ヘルミー、主人公兄弟の人物造形や作品世界の上でも重要な要素を占める衣装は、「ディック・トレイシー」のエドゥアルド・カストロで、ヴェルサーチ、ヨージ・ヤマモトなどのスーツが使用されている。主演は「ニュー・ジャック・シティ」「デモリションマン」「ドロップ・ゾーン」など出演作が相次ぐウェズリー・スナイプスと、「ストリーマーズ 若き兵士たちの物語」『ファイブ・ハートビーツ』(V)のマイケル・ライト。「クロウ 飛翔伝説」のアーニー・ハドソン、「ビバリーヒルズ・コップ3」のテレサ・ランドルらが共演。