原子怪獣と裸女

げんしかいじゅうとらじょ
上映日
1962年10月11日

製作国
アメリカ

ジャンル
SF

ここが見どころ

核爆発の影響で破壊されて滅亡するもの、新しく生命を得るものなどを描く空想怪獣映画。封切に際しては「美人島の巨獣」「原子怪獣と裸女」「吸血原子蜘蛛」の3本を“世界原子怪獣傑作集”として上映。製作・監督は「恐怖の振子」のロジャー・コーマン。脚本はルー・ラソフ、撮影ジャック・フィーンデル、作曲はロナルド・スタインが担当。出演者はリチャード・デニング、ロリー・ネルソン、「FBI武装せよ」のポール・デュボブなど。

「原子怪獣と裸女」のストーリー

強烈な核爆発は遂に世界の破滅を招いた。が、合衆国の谷間の家の主人ジム・マディソン、その娘ルイス(ロリー・ネルソン)、付近を通行中のギャングのトニイ、彼の愛人で元ストリッパーのルビー、老鉱山師ピート(レイモンド・ハットン)、技師のリック(リチャード・デニング)、原爆で重症のラデック(ポール・デュボブ)の7人が偶然生き残った。ジムは限られた食糧を毎日少量配給すると共に、子孫を残す意味でルイスと若い男たちとの結婚を勧めた。トニイもリックも彼女に恋を感じている様子だ。皆は放射能に汚染されていない近くの流れで水浴を楽しんだ。ある日ルビーとルイスが水浴していると、見たこともない怪物が繁みからのぞいたので驚いた2人は家へ逃げ帰った。ラデックは怪物の最初の犠牲になった。次が老鉱山師ピート。5人は怪物の跳梁にふるえた。怪物の足跡を発見して跡を追ったジムは安全地帯を出て放射能に侵された。一方トニイがルイスに好意を寄せているのをやいたルビーは、言い争っているうちに彼に殺された。怪物はその後家の周辺に出没しはじめた。ある夜不思議な影につられて表へ出たルイスは怪物にさらわれた。3つ目で頭に角のある怪物は、元ルイスのボーイフレンドだったが、放射能の影響で怪物に化身したためルイスにはわかるはずはなかった。ルイスの悲鳴をきいたリックが数発の銃弾を撃ったが、怪物は平気だった。けれど降り出した雨に慌てて逃げる途中、放射能で生まれたこの怪物は汚染されない雨のために、崩れるように死んだ。2人が家に帰るのを待ち伏せしていたトニイはジムの銃弾に倒れた。雨も止み、放射能の影響から解放されたのを知ったルイスとリックは、2人だけの未来に向かって谷間の家を後にした。

「原子怪獣と裸女」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「原子怪獣と裸女」のスペック

基本情報
ジャンル SF
製作国 アメリカ
製作年 1956
公開年月日 1962年10月11日
製作会社 ゴールデン・ステート・プロダクション映画
配給 大蔵映画
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード

「原子怪獣と裸女」のみんなのレビュー

「原子怪獣と裸女」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/22

ジム・ジャームッシュ(1953)

デッド・ドント・ダイ

第72回カンヌ国際映画祭のオープニングを飾ったジム・ジャームッシュによるゾンビ・コメディ。アメリカの田舎町で、次々と墓場から死者が蘇る事態が発生。3人だけの警察署で勤務するピーターソン巡査や葬儀屋のゼルダが退治するが、ゾンビは増殖していく。出演は、「ゴーストバスターズ」のビル・マーレイ、「パターソン」のアダム・ドライバー、「サスペリア」のティルダ・スウィントン、「荒野にて」のクロエ・セヴィニー。

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。
生田絵梨花(1997)

あさひなぐ

こざき亜衣による同名漫画をアイドルグループ乃木坂46出演で舞台化&映画化するプロジェクトの映画版。二ツ坂高校なぎなた部に入部した東島旭。圧倒的な強さを誇る先輩・真春ら部員たちと過酷な練習の日々を送るなか、旭はひたむきになぎなたと向き合っていく。主人公の東島旭役には映画初出演にして初主演の西野七瀬、旭の憧れの先輩でなぎなた部のエース・宮路真春役に白石麻衣、ほかに桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華、生田絵梨花ら乃木坂46メンバーが出演。「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の富田望生、「愚行録」の中村倫也、「ちはやふる」の森永悠希、「くちびるに歌を」の角替和枝、「PとJK」の江口のりこが脇を固める。監督・脚本は「ヒロイン失格」の英勉。

超能力研究部の3人

アイドルグループ・乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未主演、「もらとりあむタマ子」の山下敦弘監督による異色アイドル映画。大橋裕之の連作短編漫画『シティライツ』を原作にした作品とメイキング風ドキュメンタリーを掛け合わせながら、3人のアイドルの“リアル”と“嘘”を映し出す。脚本は「苦役列車」のいまおかしんじと「もらとりあむタマ子」の向井康介。