激流を横切る女

げきりゅうをよこぎるおんな
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「素晴らしき嘘」「夜霧の女」と同じくルース・チャッタートンが主演する映画。ルドルフ・ベルナウアー、ルドルフ・オエステルライヘル合作の戯曲から「街のをんな」「めくらの鼠」の原作者ゾー・エイキンスと「アメリカの悲劇」「ジーキル博士とハイド氏(1932)」のサムエル・ホッフェンシュタインが共同で脚本に書き改めニューヨークの舞台監督として知られたガスリイ・マクリンティックが監督に当たったもので助演者は英国劇団に名あるアイヴォー・ノヴェロ、「忍びよる心」のジョフリー・カー、ドリス・ロイド、ジル・エスモンド、ブラムウェル・フレッチャーその他。カメラは「山猫酒場」「王様ごっこ」のチャールズ・ラング担当。

「激流を横切る女」のストーリー

英国の富豪の御曹司ジミー・フェンウィクはパリ育ちのロシア娘アンナと恋に陥ち、結婚した。アンナはジミーに連れられて英国に渡り彼の家族と一緒に住むようになったが、彼女は保守的なフェンウィク家の家風に合わず、家族たちから疎まれ、遣瀬ない年月が流れ、今はただ二人の間に出来た娘フェイスの生長を楽しみに暮らすようになった。ある日、彼女の昔の求婚者ベネットがパリから訪れてきてコッソリある酒場で彼女と昔の思い出を語り合った。このことがフェンウィク家の者の耳に入ると丁度その頃ジミーは議員選挙に立候補して東奔西走していたのでジミーの母はアンナの噂が世間に洩れて選挙運動に支障を来たすのを恐れ、無理矢理にアンナをしばらくニイスへやることにした。処が汽車の中で偶然ベネット、近頃ジミーの愛情の薄れたことを嘆いていた時だったのでベネットの勧めるままにアンナはパリで途中下車して一日遊び暮らした。その夜、彼女の乗っていた列車がニイスの付近で転覆し、現場に残されたアンナの傘から、駆けつけたジミーたちにアンナは惨死したものだと信じられてしまった。何も知らないアンナは翌日、娘恋しさの余り急いでニイスに現れたが、再び彼女とベネットのことがバレてついに彼女は離婚されてしまった。それから十数年、アンナは夜の女に転落して卑しい生活を続けてきたが、生育して行く娘フェイスの消息を新聞で知り娘の幸福を祈っていた。フェイスはやがて年頃になり、貧乏な建築家アレンと恋仲となったが厳父のジミーは彼女たちの結婚を承知しなかった。そしてある夜アンナは舞踏会で娘のフェイスと偶然合い、アンナが実の母だとは知らずに自分の苦衷を打ち明けた。アンナは早速ジミーを呼び寄せてフェイスとアレンの結婚を承知させ生涯安楽に暮らせるだけの財産を分けさせ、アンナはこうしてフェイスの幸福を祈ったのである。

「激流を横切る女」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「激流を横切る女」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1931
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「激流を横切る女」のみんなのレビュー

「激流を横切る女」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 10/26

セス・マクファーレン(1973)

ローガン・ラッキー

「オーシャンズ11」シリーズのスティーヴン・ソダーバーグが4年ぶりに撮り上げた監督復帰作。不運続きのジミーとクライドのローガン兄弟は、爆破のプロで服役中のジョーを脱獄させ、全米が夢中になるNASCARレースの最中に売上金を盗み出そうと計画するが……。出演は「フォックスキャッチャー」のチャニング・テイタム、「パターソン」のアダム・ドライヴァー、「007」シリーズのダニエル・クレイグ、「ミリオンダラー・ベイビー」のヒラリー・スワンク、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のライリー・キーオ、「黄金のアデーレ 名画の帰還」のケイティ・ホームズ、「エイリアン コヴェナント」のキャサリン・ウォーターストン、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のセバスチャン・スタン。

SING シング

「ミニオンズ」「ペット」を生んだユニバーサル・スタジオ&イルミネーションによるアニメーション。動物だけが暮らす世界。取り壊し寸前の劇場支配人バスターは、かつての栄光を取り戻すため歌のオーディションを開催、個性的な動物たちが会場に集まってくる。声の出演は「追憶の森」のマシュー・マコノヒー、「わたしに会うまでの1600キロ」のリース・ウィザースプーン、「テッド」のセス・マクファーレン、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のスカーレット・ヨハンソン、「五日物語 3つの王国と3人の女」のジョン・C・ライリー、「キングスマン」のタロン・エガートン、「ソーセージ・パーティー」のニック・クロール。監督・脚本は「リトル・ランボーズ」のガース・ジェニングス。
堀田茜(1992)

妖怪人間ベラ

1968年のTV放映から今なお人気を誇るアニメ『妖怪人間ベム』に登場するベラに焦点をあて「映画 賭ケグルイ」の英勉監督が新たな視点で実写化。いつも一人ぼっちの女子高生ベラ。独特な美貌を持つ彼女に興味を抱いた同級生の牧野沙織は、ベラに近づくが……。出演は「蜜蜂と遠雷」の森崎ウィン、人気モデルのemma、「アパレル・デザイナー」の堀田茜。

キスカム! COME ON,KISS ME AGAIN!

若手監督・松本花奈が贈るロマンティック・コメディ。内気な橋口海はある日、恋人のサヤにフラれた上、勤務先の化粧品会社から子会社への出向を命じられる。ところが、出向先は“キスによって恋人たちのよりを戻す恋愛コンサル”という奇妙な会社で……。出演は「サヨナラまでの30分」の葉山奨之、「アパレル・デザイナー」の堀田茜、「午前0時、キスしに来てよ」の八木アリサ。

「激流を横切る女」を観ているあなたにおすすめの映画