激情の断崖

げきじょうのだんがい Lorna Doone
上映日
1952年6月12日

製作国
アメリカ

上映時間
88分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

リチャード・D・ブラックモア作の英国古典の映画化で、「ヴァレンチノ」のエドワード・スモールが製作したテクニカラー1951年作品。脚色は「サムソンとデリラ」のジェシー・L・ラスキー・ジュニアとリチャード・スカイヤー、潤色はジョージ・ブルース。「荒原の死闘」のフィル・カールソンが監督に当たった。撮影はチャールズ・ヴァン・エンジャー、作曲はジョージ・ダニングの担当。主演は「ジョルスン再び歌う」のバーバラ・ヘイルと「永遠のアンバー」のリチャード・グリーンで、カール・ベントン・リード、ウィリアム・ビショップ、ロン・ランデル(「カルメン(1948)」)、シーン・マックロリー、オンスロー・スティーヴンスらが助演する。

「激情の断崖」のストーリー

1674年、英国サマセット州エクスムアは物情騒然としていた。少年ジョン・リッドは、父をドーン家のものに殺され、復讐することを誓った。ジョンは、ドーン家の城主エンサー卿に会おうとして断崖をよじのぼり、気絶してエンサーの孫娘ローナに看護された。そこへローナのいとこカーヴァーが現われ、2人の少年は格闘をはじめ、このときから生涯、対立をつづける仲となった。歳月は流れて、成長したジョン(リチャード・グリーン)は祖国のため戦争に参加して故郷へ帰ってみると、カーヴァー(ウィリアム・ビショップ)が無法を行なっており、それに逆らったジョンは鞭打たれた。そこへ通りかかったのは美しく成長したローナ(バーバラ・ヘイル)だった。ジョンは村人を集め、ドーン家の城を襲って武器の略奪をはじめ、ドーン家の城塞を襲撃する準備を進めた。襲撃の日、ジョンはまず単身城に忍び入り、ローナを連れだそうとするが、彼女はカーヴァーと結婚することになっていた。翌日、ジョンは国王のもとに助力を仰ぎに行き、兵を差し向けることを許可された。ジョンは龍騎兵と共にドーン城に行くと、カーヴァーとローナの結婚式が行なわれようとしていた。ジョンはローナを連れだし、龍騎兵の一隊によってドーン家のものは滅ぼされたが、カーヴァーは逃げ去ってしまった。晴れてジョンとローナの結婚式に、ローナはカーヴァーの兇弾に倒れた。ジョンとカーヴァーは死闘の後、ついにカーヴァーは殺された。ジョンはローナの回復を一途に祈りつづけた。

「激情の断崖」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「激情の断崖」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1951
公開年月日 1952年6月12日
上映時間 88分
製作会社 コロムビア映画
配給 コロムビア日本支社
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー
音量 モノラル

「激情の断崖」のみんなのレビュー

「激情の断崖」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません