劇場の殺人

げきじょうのさつじん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「曲馬団殺人事件」「ミイラの殺人」同様ワーナー・オーランド主演映画で「夜の鍵」「黒猫」のボリス・カーロフが相手役を勤めて、キー・ルーク、シャーロット・ヘンリー、トーマス・ベック等が助演する。監督はブルース・ハンバーストーンが当たった。

「劇場の殺人」のストーリー

カリフォルニア州の精神病院に収容されている患者グラヴェルは新聞で妻であったオペラ歌手リリーの写真を見ると、暴れ出した上脱走してしまう。チャーリー・チャンが呼ばれて彼の行方を探すことになった。劇場を訪れたチャンはリリーが何者からか「お前の命は今夜限りだ」と書いた脅迫状を受け取ったことを知る。警戒厳重な劇場の楽屋へグラヴェルはいつの間にか忍び込み、歌手ルクレシア・バレリに話し掛けた。狂人現るとの報に一同は色を失ったが彼の姿はそのまま見えなくなる。ルクレシアは同座の歌手バレリの妻であるが、夫がリリーと親しいのを見て嫉妬の念に燃えていた。舞台では歌劇「ファウスト」が演ぜられている。バレリが楽屋でメフィストフェレスの扮装をしていると、グラヴェルが現れ彼を倒しメフィストの衣装を着て立ち去った。次の幕で昔オペラの歌手だったグラヴェルはリリーの相手をして歌った。ところが舞台ではリリーが本当に小刀で刺されて命を失った。同時に楽屋でバレリの死体が発見され大騒ぎとなる。二人を殺した男はメフィストになった男ということになり、チャンはもう一度その場を実演させることにした。今度はルクレシアがリリーの代役をした。やがてどこからかメフィストが現れ腰の小刀を出してルクレシアを殺そうとする時、官憲は彼を射殺した。しかしグラヴェルの死体を調べたチャンは小刀に付いている血が、実は油であるのを知って、二人を殺したのはグラヴェルではないと実証する。しからば犯人は何者か?

「劇場の殺人」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「劇場の殺人」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1936
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 フォックス支社
レイティング

「劇場の殺人」のみんなのレビュー

「劇場の殺人」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。