激光人・レーザーマン

げっこうじんれーざーまんげっこうにんれーざーまん
上映日
1990年10月12日

製作国
アメリカ 香港

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

自分の開発したレーザー光線を暗殺に利用されてしまう科学者と、それを捜査する中国系刑事の姿を通してコメディ・タッチで文化の衝突を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはツイ・ハーク、「グレートウォール」のNYインディーズ派、ピーター・ワンが製作・監督・脚本・出演をこなし、撮影は「ドゥ・ザ・ライト・シング」のアーネスト・ディカーソン、音楽はメイソン・ダーリングが担当。テーマ曲を坂本龍一が提供。出演はマーク・ハヤシほか。

「激光人・レーザーマン」のストーリー

中国系の腕利き刑事ルー(ピーター・ワン)の捜査したある事件の、以下は顛末。レーザー光線の開発に従事するアーサー・ワイズ(マーク・ハヤシ)は偶然殺人兵器を生み出してしまい、それがもとで助手を事故死させ、研究所をクビになる。家族を抱え困ったものの、義弟で怪しげなブローカーのジョーイ(レオン・カーフェイ)ともども、それぞれジャネット(マリアン・ウルバノ)、スズ(サリー・イップ)という娘との恋に身をやつす日々。そんな時、ハンソン(ジョージ・バートノフ)という男から研究を続けないかという格好の誘い。が、疑惑を持ったアーサーがよく調べてみると、ハンソンの真の目的はレーザーを暗殺に使うこと。驚いたアーサーはジョーイと共にルーのもとを訪れ、助けを求めるが、ルーの部下の失敗でアーサーはハンソンに捕まり、暗殺の手助けをさせられる羽目に陥る。ついにレーザーは正確に発射された。翌朝、アーサーはジョーイが殺されたという新聞の記事を発見しショックを受け、葬式に行った。しかし実はそれはルー刑事の策略で、それはアーサーを脅そうとやってくるハンソン一味を呼びよせるためだった。しかしまたしても部下たちのドジで敵をとり逃がしてしまった。そこへ突然ジョーイが棺桶から起き上がる。彼は実は生きていたのだ。そして敵を倒し、事件は一件落着するのだった。

「激光人・レーザーマン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「激光人・レーザーマン」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ 香港
製作年 1988
公開年月日 1990年10月12日
製作会社 ピーター・ワン・フィルムズ=香港・電影工作室
配給 シネセゾン
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「激光人・レーザーマン」のみんなのレビュー

「激光人・レーザーマン」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。

「激光人・レーザーマン」を観ているあなたにおすすめの映画