力と栄光

ちからとえいこう The Power and the Glory
上映日
1934年6月14日

製作国
アメリカ

上映時間
76分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「ブダペストの動物園」「女性暴君」と同じくラスキー・プロ作品で、「紳士酒場」の原作者プレストン・スタージェスが特に執筆した映画脚色により「第一年」「国境の狼」のウィリアム・K・ハワードが監督にあたり、「懐かしの谷」「チャンドウ」のジェームズ・ハウが撮影したもの。主役は「ヤング・アメリカ」「金髪乱れて」のスペンサー・トレイシーで、かつてファースト・ナショナルのスターたりしコリーン・ムーア、「ケンネル殺人事件」「散り行く花」のラルフ・モーガン、「笑う巨人」「深夜の紳士」のヘレン・ヴィンソン、「ヒョットコ夫婦」のクリフォード・ジョーンズ、「嵐の国のテス(1932)」のサラ・パッデン、子役ビリー・オブライエン、カレン・ジョンストン等助演。

「力と栄光」のストーリー

トム・ガーナーは片田舎の貧家に生まれ小学教育も受けずに成長した。目に1丁字なく算数のできない彼は、その地方の鉄道の交付として人生のスタートを切った。彼は村の小学校の女教師サリーと相知る様になったが、彼女はトムの強い性格と正直な気性に惚れて、読み書き算術などを教えた。かくて2人は結婚した。サリーはトムに偉大な素質のあるのを見抜き、鉄道会社社長の援助を得て、彼を都の工科大学に送って勉学させ、自ら線路看視を勤務した。サリーの仕送りで心置きなく勉学したトムは学位を得て帰郷した。トムが最初の大仕事はミズーリ鉄橋の架橋工事の設計及び監督だった。その頃サリーは身重になり、やがて1子トムを産んだ。それ以来トムの精励と鉄の如き意志とは彼を成功に導き、幾何もなくしてシカゴ・サウス・ウェスターン鉄道会社社長に就任し、アメリカ鉄道界に雄飛した。トムは事業不振の評高言サンタ・クララ鉄道の買収を決行したが、同社社長ボーデンは破産を免れるために、トムを籠絡する目的で美貌の娘イーヴをしてトムを誘惑させた。事業への野心のみに半生を捧げて北彼に取って、美しい社交的才腕を持つはイーヴ天女の如く見え、口やかましい老たる糟糠の妻サリーを自然疎んじるにいたった。ある日トムは妻に自分がイーヴに恋していることを打ち明けた。サリーは、若い時に楽しみをさせなかった妾が悪かったと言い、市街電車に身を投げて自殺してしまった。トムはその後イーヴと結婚した。幸福に酔う彼は大ストライキに遭い、流血の惨事を引き起こして世の避難を被った。イーヴとの間に息子が生まれてが、結婚記念日に不意に帰宅したトムは妻が何者かに電話かけているのを立ち聞いて、妻に恋人があると思い煩悶した。彼は妻が不定を犯したと信じ亡き妻サリーに辛くあたったためだと考え遂に自殺して果てた。

「力と栄光」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「力と栄光」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
公開年月日 1934年6月14日
上映時間 76分
製作会社 フォックス映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード
音量 モノラル

「力と栄光」のみんなのレビュー

「力と栄光」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません