力と栄光

ちからとえいこう The Power and the Glory
上映日
1934年6月14日

製作国
アメリカ

上映時間
76分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「ブダペストの動物園」「女性暴君」と同じくラスキー・プロ作品で、「紳士酒場」の原作者プレストン・スタージェスが特に執筆した映画脚色により「第一年」「国境の狼」のウィリアム・K・ハワードが監督にあたり、「懐かしの谷」「チャンドウ」のジェームズ・ハウが撮影したもの。主役は「ヤング・アメリカ」「金髪乱れて」のスペンサー・トレイシーで、かつてファースト・ナショナルのスターたりしコリーン・ムーア、「ケンネル殺人事件」「散り行く花」のラルフ・モーガン、「笑う巨人」「深夜の紳士」のヘレン・ヴィンソン、「ヒョットコ夫婦」のクリフォード・ジョーンズ、「嵐の国のテス(1932)」のサラ・パッデン、子役ビリー・オブライエン、カレン・ジョンストン等助演。

「力と栄光」のストーリー

トム・ガーナーは片田舎の貧家に生まれ小学教育も受けずに成長した。目に1丁字なく算数のできない彼は、その地方の鉄道の交付として人生のスタートを切った。彼は村の小学校の女教師サリーと相知る様になったが、彼女はトムの強い性格と正直な気性に惚れて、読み書き算術などを教えた。かくて2人は結婚した。サリーはトムに偉大な素質のあるのを見抜き、鉄道会社社長の援助を得て、彼を都の工科大学に送って勉学させ、自ら線路看視を勤務した。サリーの仕送りで心置きなく勉学したトムは学位を得て帰郷した。トムが最初の大仕事はミズーリ鉄橋の架橋工事の設計及び監督だった。その頃サリーは身重になり、やがて1子トムを産んだ。それ以来トムの精励と鉄の如き意志とは彼を成功に導き、幾何もなくしてシカゴ・サウス・ウェスターン鉄道会社社長に就任し、アメリカ鉄道界に雄飛した。トムは事業不振の評高言サンタ・クララ鉄道の買収を決行したが、同社社長ボーデンは破産を免れるために、トムを籠絡する目的で美貌の娘イーヴをしてトムを誘惑させた。事業への野心のみに半生を捧げて北彼に取って、美しい社交的才腕を持つはイーヴ天女の如く見え、口やかましい老たる糟糠の妻サリーを自然疎んじるにいたった。ある日トムは妻に自分がイーヴに恋していることを打ち明けた。サリーは、若い時に楽しみをさせなかった妾が悪かったと言い、市街電車に身を投げて自殺してしまった。トムはその後イーヴと結婚した。幸福に酔う彼は大ストライキに遭い、流血の惨事を引き起こして世の避難を被った。イーヴとの間に息子が生まれてが、結婚記念日に不意に帰宅したトムは妻が何者かに電話かけているのを立ち聞いて、妻に恋人があると思い煩悶した。彼は妻が不定を犯したと信じ亡き妻サリーに辛くあたったためだと考え遂に自殺して果てた。

「力と栄光」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「力と栄光」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
公開年月日 1934年6月14日
上映時間 76分
製作会社 フォックス映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード
音量 モノラル

「力と栄光」のみんなのレビュー

「力と栄光」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません