ケンタッキーの唄

けんたっきーのうた
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「化物行進曲」「紐育万華鏡」のフレデリック・ハズリット・ブレナン氏が書き下ろし脚色したものから「化物行進曲」「娘乱暴記」のリュウ・サイラー氏が監督したもので主演者は「熱砂果つるところ」「踊るカレッジ」のロイス・モーラン嬢と喜歌劇畑から新来のジョセフ・ワグスタッフ氏で「ホリウッド結婚」のダグラス・ギルモア氏、「懐しのアリゾナ」のドロシー・バージェス嬢、「ホリウッド結婚」のハーマン・ビング氏、「娘乱暴記」のヘッダ・ホッパー夫人、「河(1928)」のバート・ウッドラフ氏、エドワード・デイヴィス氏等が助演している。キャメラは「踊るカレッジ」「極北恋の滑走」のチャールズ・G・クラーク氏が担任。

「ケンタッキーの唄」のストーリー

ヴォードヴィルの部隊に立っていたジェリーは相手役のナンシー が浮気ものなので、彼女と袖を分かつことになる。そして生活費を得るために自作の歌を携えて知合いの出版業者クラインシュミットのもとを訪れた。彼がそれを唄っていた時、それを聞いたのがリー・コールマンというケンタッキー州社交界で評判の娘であった。それから3年の月日がたった。リーは自分の持馬「ディキシー」が競馬に勝ったので伯母達共にニューヨークへ出て来た。伯母や伯父や彼女との結婚を望んでいるケーン・ビトケアーンなどに連れられケンタッキーの競馬が収められてある写真を見物のため或る劇場に入ったリーはその映画が終っても帰ろうとしなかった。それもその筈で映画の次には3年前に会って以来忘れ難いジェリーが舞台に立つからであった。彼女はうっとりと彼の唄に聞き惚れた。伯母はケーンに頼んでジェリーを宿に来るようにと誘った。再び会ったジェリーとリーとの仲が急激にすすんで行ったことは言うまでもない。それを見て快からず思ったのは、ケーンと伯母とであった。この時その昔別れたナンシーが、ケーンに買収され、リーとジェリーとの仲を割くためにリーに会い、ジェリーと自分との関係をまことしやかに話し、その証拠としてジェリーから借りた500ドルの小切手を見せるのであった。娘心の一筋からてっきりそれと信じ切ったリーはニューヨークを去った。そして胸中の煩悶を紛わせるべく外国の旅行に出発したが、パリの生活に厭きて、競馬シーズンの始まると共にケンタッキーへ帰って来た。彼女は半ば自暴自棄な気持から親切そうに付添って来たケーンと賭をする。ディキシーが勝てばケーンが彼女に2万ドルを支払い若し負ければ彼女はケーンと結婚するという条件であった。その競馬にはジェリーも来ていてディキシーに金を賭けたが肝心のディキシーは遂に負けてしまった。意気消沈してニューヨークに帰ったジェリーは1月後シンフォニー・モダーンなる曲を書き上げた。その曲には恋に破れた彼の哀切の情が篭められていた。その演奏の日が来た時会場にはリーの姿も見えた。ジェリー自身の指揮による演奏が終った。見物は大喝采を彼に送った。この時突然リーの前に現われたナンシーは一切を告白した。これでケーンの策略も暴露した。ジェリーとリーとは誤解がとけて以前に変らぬ仲となることができた。

「ケンタッキーの唄」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ケンタッキーの唄」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 フォックス映画
配給 フォックス支社
レイティング

「ケンタッキーの唄」のみんなのレビュー

「ケンタッキーの唄」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/18

北野武(1947)

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。

アウトレイジ 最終章

北野武監督が手掛けるバイオレンスシリーズ最終章となる3作目。大友が身を寄せる韓国の張会長を相手に、花菱会の花田がトラブルを起こす。花菱会会長の野村と若頭の西野による覇権争いは張会長襲撃にまで発展し、張会長に恩義を感じる大友は帰国を決意する。前作に続きビートたけし、西田敏行、塩見三省、金田時男、白竜、名高達男、光石研、中村育二、松重豊らが出演するほか、「ミュージアム」の大森南朋、「エヴェレスト 神々の山嶺」のピエール瀧、「TAP THE LAST SHOW」の岸辺一徳、「シン・ゴジラ」の大杉蓮、「ボクの妻と結婚してください。」の原田泰造、「レイルロード・タイガー」の池内博之、「シン・ゴジラ」の津田寛治らがシリーズ初出演する。
片桐はいり(1963)

きまじめ楽隊のぼんやり戦争

私をくいとめて

「勝手にふるえてろ」の綿矢りさ(原作)&大九明子(監督)コンビが再タッグ。30歳を越え、“おひとりさま”が板についた黒田みつ子。脳内にいるもう一人の自分“A”と平和な生活を満喫していた彼女はある日、年下の営業マン、多田くんに恋してしまう。出演は「星屑の町」ののん、「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」の林遣都。

「ケンタッキーの唄」を観ているあなたにおすすめの映画