拳銃の洗礼

けんじゅうのせんれい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「悪に咲く華」「藪睨みの世界」のエドモンド・ロウが主役を演ずる映画で、「愛の爆笑」「クリスティナ」ウィリアム・K・ハワードが原作監督したものである。「踊る人生」のジョージ・マンカー・ウォッタースが脚色台詞を執筆し、「悪に咲く華」「大乱痴気」のジョージ・シュナイダーマンが撮影に当たった。助演者は「ビッグ・トレイル(1930)」「悪に咲く華」のマーゲリット・チャーチル、「命を賭ける男(1930)」「西部の星影(1930)」のレジス・トゥーミーをはじめ、アール・フォックス、エディ・グリッボン、ヘンリー・コルカー、ハーク・ハミルトン等である。

「拳銃の洗礼」のストーリー

ニューヨーク全市を恐怖せしめている強盗団がトリニティー信託会社を襲って社長ホルトの事務室から莫大な金を奪い去った時は、素晴らしいセンセーションを起こした。この強盗団の団長は紳士として社交界に出入りしているデイヴィッド・クレッソンであった。彼は当時社交界の花とうたわれていたヘレン・ランキンに恋し、高価な首飾りを贈ったりした。クレッソンは恋する身となったので悪事を絶つことを決心し、トリニティー信託襲撃を最後として足を洗うことを乾分達に宣言した。ところが乾分中での利け者フラッシュ・ノートンはこれに反対し、残党を繰って「卑怯な」クレッソンの鼻を明かす計画を思い立った。ノートンの巣窟たるノクターンクラブにヘレンがトリニティー信託社長の甥にあたるリチャード・ホルトと一緒に遊びに来たのを発見したノートンは2人の帰途を襲っておいはぎをやった。ヘレンは負傷し、直ちに入院したがリチャードはこの報を伝えにクレッソンを訪れた。それよりさきノートン等は盗品を持ってクレッソンを訪れた。クレッソンは盗品を受け取っただけで分け前は取らずにノートン以外の乾分を追い返したのである。そこへレッドという乾分が拳銃を擬して暴れ込んだのでクレッソンの正体はリチャードの知るところとなる。その夜リチャードは体よく監禁されたが脱出してしまった。しかし思うところあるノートンはリチャードをノクターンクラブに監禁した。クレッソンはヘレンを訪れて彼女の愛はリチャードに注がれていることを知り、愛人の幸福のためにリチャードを救いにノクターンクラブに乗り込み首尾よくリチャードを逃した。が彼自身はノートンをたおすとともにノートンの弾丸を受けて死んでしまった。

「拳銃の洗礼」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「拳銃の洗礼」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1930
製作会社 フォックス映画
配給 フォックス支社
レイティング

「拳銃の洗礼」のみんなのレビュー

「拳銃の洗礼」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません


「拳銃の洗礼」を観ているあなたにおすすめの映画