拳銃の嵐

けんじゅうのあらし
上映日
1951年6月19日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「テキサス警備隊」「西部の無法男」と同じくジョセフ・ケインが製作・監督し、ウィリアム・エリオットが主演する1948年作品の西部劇。クレメンツ・リプリーのストーリーを彼自身とジェラルド・アダムス「テキサス警備隊」が共同脚色し、「進め幌馬車」のウィリアム・ブラッドフォードが撮影を、ネイサン・スコットとアーネスト・ゴールドが作曲を担当。共演者はジョン・キャロル、キャサリン・マクロード、ジョセフ・シルドクラウト、アンディ・デヴァイン、エステリータ・ロドリゲス、ヴァージニア・ブリサックら。

「拳銃の嵐」のストーリー

1948年、ゴールド・ラッシュのロサンゼルスに金鉱を探るべく、ビル(ウィリアム・エリオット)は弟を頼ってやって来たが、酒場の主人であり保安官でもあるサヴァリン(ジョセフ・シルドクラウト)から、弟が先頃何者かに殺されたと聞いて悲憤やる方なかった。ビルはその酒場の乙女マリー(キャサリン・マクロード)に好意を寄せ彼女の紹介でジョニー(ジョン・キャロル)とも相識ったが、彼のダム襲撃の企てを嗅ぎつけたビルは、ジョニーが無法者であり、またサヴァリンも口先ばかりの善人で、実は腹黒い野心を持っていることを知った。弟の仇を探すビルは、とある事情から愛するマリーに疑いを持ち、故意に彼女に金の隠し場所を教えた所、案の定ジョニーがそこを襲い、ビルは待ち構えて彼を捕えた。しかしジョニーは、護送される途中逃走し、彼は一味のサヴァリンをも、野望の妨げとて拳銃を浴びせた。瀕死のサヴァリンから、弟を殺したのはジョニーだと聞かされたビルは、遂にジョニーに正義の弾丸を浴びせ、町には再び平和が蘇った。今は自らの非を悟ったマリーとビルが結ばれたことも勿論である。

「拳銃の嵐」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「拳銃の嵐」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1948
公開年月日 1951年6月19日
製作会社 リパブリック映画
配給 セントラル
レイティング

「拳銃の嵐」のみんなのレビュー

「拳銃の嵐」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/2

ダニエル・クレイグ(1968)

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソンのもと豪華キャストが集結したミステリー。富豪作家のハーランが誕生会の翌日、遺体となって発見された。屋敷にいた全員に容疑がかかる中、匿名の人物から依頼を受けた名探偵ブノワは真相を探る。謎に迫る探偵ブノワ・ブランを「007」シリーズのダニエル・クレイグが、一族の問題児ランサム・ドライズデールを「キャプテン・アメリカ」シリーズのクリス・エヴァンスが演じるなど、オールスターキャストで事件の謎を描いていく。第77回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門作品賞・主演男優賞(ダニエル・クレイグ)・主演女優賞(アナ・デ・アルマス)ノミネート。

マイ・サンシャイン

ロサンゼルス暴動に巻き込まれた家族を描くドラマ。1992年、LAサウスセントラル。家族と暮らせない子どもたちを育てているミリーと、彼女たちを見守る隣人オビー。ある日、黒人が犠牲になった事件に対し不当な判決が出たことから、LAで暴動が始まる。監督は、「裸足の季節」のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン。出演は、「チョコレート」のハル・ベリー、「007」シリーズのダニエル・クレイグ。