剣侠ロビン

けんきょうろびん Rogues of Sherwood Forest
上映日
1952年1月4日

製作国
アメリカ

上映時間
79分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

近年コロムビアと契約したライター、ラルフ・ベッティスンのストーリーを、「最後の地獄船」のジョージ・ブルースが脚色し、「海賊ブラッドの逆襲」のゴードン・ダグラスが監督したテクニカラー1950年度作品。撮影のチャールズ・ロートン・ジュニア、作曲のハインツ・ロームヘルドは「泣き笑いアンパイヤ」と同じスタッフ。主演は新進ジョン・デレクと「恋はかくの如く」のダイアナ・リンで、「西部の裁き」のジョージ・マクレディ、故アラン・ヘール、「北西への道」のレスター・マシュウズ、「ユーモレスク(1946)」のポール・カヴァナー、「卵と私」のビリー・ハウスらが助演。

「剣侠ロビン」のストーリー

13世紀の英国。獅子王といわれたリチャード王に次ぐジョン王(ジョージ・マクレディ)の治政、国民は暴圧政治に苦しんでいた。ロビン・フッドの一子ロビン(ジョン・デレク)は父同様の剣豪仁侠の士で、御前試合に勝っての帰途、暴力で税をとりたてていた兵士たちと渡り合い捕らえられて監禁、明日に死刑を待つ身となった。かねてロビンに好意をよせていたマリアンヌ姫(ダイアナ・リン)は彼を秘かに破牢させ、ロビンは正義の同志を集めてジョン王の暴虐に対抗せんとした。彼は敵の動静をさぐるため、城内のマリアンヌと伝書鳩で連絡をとり、そのため王の計画はいつも失敗した。ジョン王は諸候の動揺を恐れ、彼らを招いて暗殺したが、そのことが国民に知れるや遂にジョン王打倒の気運が人々の間に張った。こうした不穏の情勢を感じた王は傭兵と軍資金のためマリアンヌ姫をフランスの伯爵に政略結婚させることになった。結婚式の当日、軍隊に護られて森を通る行列を襲ったロビンの一隊は激しい争闘の後打ち破り、無力となったジョン王は人権保護の憲章マグナ・カルタに署名させられた。国民の歓声のうちに今は「騎士」ハンティントン伯爵としてのロビンとマリアンヌ姫の幸福な姿があった。

「剣侠ロビン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「剣侠ロビン」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1950
公開年月日 1952年1月4日
上映時間 79分
製作会社 コロムビア映画
配給 コロムビア日本支社
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー
音量 モノラル

「剣侠ロビン」のみんなのレビュー

「剣侠ロビン」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません


「剣侠ロビン」を観ているあなたにおすすめの映画