喧嘩プロフェッショナル

けんかぷろふぇっしょなる
上映日
1978年2月25日

製作国
アメリカ

ジャンル
アクション

ここが見どころ

ルールもなにもない、ただ勝つだけのために戦いをかける男道を描くアクション。製作はピーター・S・トレイナーとウィリアム・D・スクラー、監督はティモシー・ギャルファス、脚本はティム・ケリーとメルヴィン・D・スクラー、原作はティム・ケリー、音楽はエド・タウンゼントが各々担当。出演はリチャード・ローソン、アナツェット・チェイス、ロバート・バー、デニス・ゴーディ、ダブニー・コールマン、フィリップ・M・トーマス、リチャード・ケイ、ジョン・ウェズリー・ロジャース、H・B・ハガティーなど。本編は正編 Bogard と続編 Black Fist を合わせたもの。

「喧嘩プロフェッショナル」のストーリー

リロイ(リチャード・ローソン)は、21歳の野望にみちた黒人だ。汚いハーレム、貧しい生活の彼にも、運がむいてきた。ある日彼が2人の男を喧嘩でコテンパンにのばした時、それを見ていたローガン(ロバート・バー)という興行主がリロイを気に入ったのだ。まずリロイは、練習場で喧嘩のテクニックを学ぶ。トレーラーはアイラ(ジョン・ウェズリー・ロジャース)。2人の意気は合い、リロイは、みるみるうちに喧嘩プロフェッショナルとして成長した。やがて、リロイのデビュー戦が行なわれ、彼は勝利をおさめる。そして次の試合も……。彼は金を得、車を買い、女も出来た。今、彼はスターだったのだ。しかし、さらに実力をのばすためトレーニングにはげむリロイ。ある日、空手との対戦をした。でも勝利は、やはりリロイ。今や彼は強くなりすぎていた。相手はもうアイラしかいない。間もなく、アイラとリロイの対決は、ローガンの陰謀により行なわれた。やがて死んでいくアイラ。悩むリロイ。今、彼は新たに独立しようとする。しかし、その前に最後の試合があった。ムース(H・B・ハガティー)との対決だ。ローガンはムースに全財産を賭けた。血闘が続く。しかし、リロイは勝った。だが、ローガンは黙っているような男ではなかった--。

「喧嘩プロフェッショナル」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「喧嘩プロフェッショナル」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1977
公開年月日 1978年2月25日
製作会社 センターフィルム作品
配給 ジョイパックフィルム
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「喧嘩プロフェッショナル」のみんなのレビュー

「喧嘩プロフェッショナル」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。