喧嘩商売

けんかしょうばい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「頓珍漢ミイラ取り」「旅鴉子供連れ」と同じくバート・ウィーラーとロバート・ウールジーが主演する映画で、「ロジタ(1936)」のナット・ペリンが俳優として名あるベニー・ルービンと協力して書き下ろしたシナリオによって「クーパーの餓鬼大将」「アフリカは笑ふ」のエドワード・クラインが監督し、「頓珍漢ミイラ取り」のジャック・マッケンジーが撮影したものである。助演者は新顔のマージョリー・ロード、「マルクス一番乗り」のエスター・ミューア、パトリシア・ワイルダー、ラッセル・ヒックスその他である。

「喧嘩商売」のストーリー

ウィリアム・ホッブスとクロード・ホートンは共同で製薬会社を経営しているが朝から晩まで意見の衝突で喧嘩ばかりしているので、顧問弁護士ディルウィグはその都度、共同経営解消手続きを作らされては無駄になるため大いに弱っていた。店の外交員トニイが大切な顧客アップルゲート氏を連れて来るという直前に、またも二人は喧嘩をはじめたのでディルウィグは二人が相撲をとって、負けたほうが従僕となることにし、従僕が反抗した時にはそのたびに100ドルの罰金を支払う契約書を作る。試合の結果ホッブスが負け、向こう1年間ホートンの従僕にならねばならぬ。契約によってこの訳は他人に言えないことになっているので、大いに弱ったホッブスは恋人フロレンスを避暑に行かせ、自分は泣く泣くホートンの家の従僕になった。ところがホートンは早くホッブスを降参させてやろうと、フロレンスを避暑地から呼び戻して夜会に招き、その席上でホッブスをいじめてやろうとする。ホッブスはそれに気づくと他の召使を全部追い払って夜会が開けないようにするが、ホートンはすぐ新しい雇人を集めて夜会を開くことにする。さらばとホッブスは知り合いのガーディーという女とその仲間を雇い入れる。こんな給仕では役に立たないと言わせるつもりだが、ホートンは案外平気である。夜会の席で果たしてホッブスは散々な目に合い、フロレンスには愛想を尽かされるのでなんとかして契約書を盗み出そうとする。この夜トニイはホートンをだまして不利な契約書を作らせ明朝客に渡そうとするが、弁護士に見つかれば反対されるに決まっているので、なんとかしてその晩に盗み出そうとする。ホートンは新しく雇い入れた召使たちを怪しいと見て警戒している間に、いろいろ騒動があった末、とうとう契約書は盗まれてしまう。ところが一番怪しんでいた召使たちが大活躍をして、無事に会社の契約書を取り戻してくれた。ホートンとホッブスの契約書は二人が署名していない無効のものだったので弁護士は二人に和解を勧めて破棄する。これでホッブスは従僕の地位から解放され、フロレンスの愛も取り戻すことができたが、散々懲りた後にもホートンとホッブスとはまたたちまち次の喧嘩を始めるのだった。

「喧嘩商売」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「喧嘩商売」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1937
製作会社 RKOラジオ映画
レイティング

「喧嘩商売」のみんなのレビュー

「喧嘩商売」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません