K2 ハロルドとテイラー

けいつーはろるどとていらー
上映日
1991年10月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

世界第2位の高峰K2に挑むクライマーの姿を描いた作品。エグゼクティブ・プロデューサーはメルビン・J・エストリン、製作はジョナサン・タプリン.ティム・ヴァン・レリム、マリリン・ウェイナー、監督は「ブライド」のフランク・ロッダム、脚本はパトリック・マイヤーズとスコット・ロバーツ、撮影はガブリエル・ベリスタインが担当。出演はマイケル・ビーン、マット・クレイブンほか。

「K2 ハロルドとテイラー」のストーリー

やり手の独身弁護士で頑固な個人主義者テイラー(マイケル・ビーン)。物理学者で伝統的な道徳観を持つハロルド(マット・クレイブン)。全く対照的な2人だったが、山に登ることで堅い友情に結ばれていた。ふたりがアラスカの断崖でロック・クライミングをしていると、著名な登山家フィリップ・クレイボーン(レイモンド・J・バリー)に出会い、その一行にはテイラーの旧友ダラス(ルカ・バーコヴィッチ)の姿もあった。クレイボーンらはテントのテストのためテイラーらと離れた斜面にキャンプを張ったが、翌朝雪崩に遭い斜面を滑り落ちていった。テイラーとハロルドは必死の救助を行うが、クレイボーンらと別のテントの隊員は既に絶望的な状況であった。テイラーはクレイボーンから次の目標が世界第2位の高峰K2であることを知らされ、失った隊員の代わりに自分とハロルドをチームに加えるよう懇願する。だがハロルドは、仕事と山のため家族との満足な時間をとれぬことに不満を抱いていた妻シンディに、一緒にいる約束をしたばかりであった。K2登山の計画を打ち明けられたシンディは怒り、泣きじゃくったが、最後に「きっと帰って来て」と囁き、ハロルドを送り出した。ジャッキー・メットカーフ(パトリシア・シャーボノー)、清水タカネ(藤岡弘)らを含むクレイボーン隊はパキスタン入りし、現地人ポーターを雇い高度を稼ぐが、小さな誤解からテイラーとダラスの間に亀裂が生じる。後日ポーターらの渡るはしごがクレバスに落ちる事故が起き、恐れをなしたポーターらは仕事を放棄し下山してしまう。途方に暮れる一行であったが、テイラーは装備を軽くしてもK2を目指すべきだと主張、激しいブリザードの中、前進を続けた。しかしクレイボーンは病いに倒れ、ジャッキーとベース・キャンプに引き返し、残る4人が山頂へ向かうが、クレイボーンからの指示はアタックは2人だけというものであった。テイラーは自分がダラスと山頂に向かうべきだと主張するが、ダラスはタカネをパートナーに選択、一方ハロルドはテイラーに裏切られた思いだった。しかし激しい嵐がアタックの2人を襲い、ようやくテイラーらの元に戻ったタカネも息絶えてしまう。天候にも恵まれた翌朝ロープだけの軽装備でテイラーとハロルドは頂上を目指し、見事頂上をきわめた。しかし下山途中天候が急変、ハロルドが滑落し脚を折ってしまう。自分を置いていくよう主張するハロルドだったが、テイラーが死亡したダラスの登山具を持って再び救出に現われた。必死の下降を繰り返す彼らには死の影が忍び寄っていたが、その時ヘリコプターが彼らの前に現われるのであった。

「K2 ハロルドとテイラー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「K2 ハロルドとテイラー」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1991
公開年月日 1991年10月10日
製作会社 トランス・パシフィック+マジェスティック・フィルムズ作品
配給 日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「K2 ハロルドとテイラー」のみんなのレビュー

「K2 ハロルドとテイラー」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません


「K2 ハロルドとテイラー」を観ているあなたにおすすめの映画