刑事ゲーブル マフィアの標的

けいじげーぶるまふぃあのひょうてき
上映日
1990年9月22日

製作国
アメリカ

ジャンル
アクション

ここが見どころ

相棒殺しの犯人を追う刑事と元マフィアの老人がコンビで事件を解決する姿を描くアクション映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはモーリス・デューク、製作・監督は“Girl Watching ”のロバート・バージ、脚本はマイケル・B・ドラッグスマン、撮影はオジー・スミスが担当。出演はリー・メジャーズほか。

「刑事ゲーブル マフィアの標的」のストーリー

フロリダ州マイアミ。老人ホームで起きた銃撃事件を捜査するためベテラン刑事のマイク・ゲーブル(リー・メジャーズ)は同僚で無二の親友のジェイク・バーバー(ドン・リックルス)と共に現場に急行し、難を逃れた元マフィアの老人ルイ・キートン(エイブ・ヴィゴーダ)から話を聞こうとした所を、再度殺し屋の襲撃を受ける。実は狙われていたのはキートンだったのだ。キートンはまたしても無事だったものの、かつてキートンと親友だったバーバーは彼を庇って殺される。親友の死に復讐を誓ったゲーブルは自らキートンの護衛役を買って出て、犯人をつきとめようとするが、再び放たれた暗殺者によって護衛の警官が殺される。それまで捜査に非協力的だったキートンだったが、バーバー始め罪のない人間の死に責任を感じ、ゲーブルと2日間だけ行動を共にすることを申し出る。どうもウマの合わないゲーブルとキートンだったが、共通の友人の仇のために謎の組織に立ち向かうべく立ち上がる。ゲーブルとキートンは隠し金のある家に組織一味をおびきよせ、火をはなち、家から出てきたところを一網打尽にすることに成功し、事件を解決する。

「刑事ゲーブル マフィアの標的」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「刑事ゲーブル マフィアの標的」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1990
公開年月日 1990年9月22日
製作会社 キャノン作品
配給 松竹富士
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「刑事ゲーブル マフィアの標的」のみんなのレビュー

「刑事ゲーブル マフィアの標的」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。

「刑事ゲーブル マフィアの標的」を観ているあなたにおすすめの映画