警鐘は響く

けいしょうはひびく
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

かつてピューリッツア賞を得たブース・ターキントン氏作の有名な小説「名家アンバーソン」をジェイ・ピルチャー氏が脚色し「最後の手段」「愛の救援列車」等と同じくデーヴィッド・スミス氏が監督したもので「咄!反逆者」「情夫奮起せば」等出演のカレン・ランディス氏「焼き餅禁物」「ドロシー・ヴァーノン」等出演のアラン・フォレスト氏「大丈夫ケリガン」等出演のアリス・カルホーン嬢「冬の胡蝶」等出演のシャーロット・メリアム嬢「シー・ホーク(1924)」等出演のウォーレス・マクドナルド氏「いとしの我児」等出演のベン・アレクサンダー君等のオールスターキャストである。

「警鐘は響く」のストーリー

ミッドランドの名家アルバーソン家の娘イサベルはウィルバーとユージーンとに恋いされ、自らはユージーン恋いしと思ったがその酔態に愛想をつかしてウィルバーと結婚した。数年の後夫に死に別れたイサベルは息子ジョージと暮らしていると他郷に行っていて妻に死なれたユージーンが娘ルシーを伴って帰郷する。若い二人は恋いに陥った。ユージーンはイサベルと昔通りの交際をしようとしてジョージの反感を買う。祖父が死んで財産の無い事が解ったジョージはユージーンの助力を拒み貧しい生活を続ける。或日自動車に轢かれ負傷して病院に入っている間にイサベルの家は火を失しユージーンが身を挺して彼女を救った事をジョージは知り悔悟した。幸福の訪れ。

「警鐘は響く」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「警鐘は響く」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1925
製作会社 ヴァイタグラフ映画
配給 東邦映画
レイティング

「警鐘は響く」のみんなのレビュー

「警鐘は響く」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。