決戦オレゴン街道

けっせんおれごんかいどう
上映日
1958年3月7日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

ゴードン・D・シャレフスの原作を「波止場の鼠」の共同脚色者の1人、ジャック・デヴィッドが脚色、「荒野の無頼漢」のポール・ランドレスが監督、「縮みゆく人間」のエリス・W・カーターが撮影した西部劇。音楽は「ドラゴン砦の決戦」のポール・ダンラップ。主演は「日本人の勲章」のジョン・エリクソン、「赤い河の逆襲」のローラ・オルブライト、新進女優トニー・ゲリー。

「決戦オレゴン街道」のストーリー

1871年、オレゴン地方の砦を守るアメリカ騎兵隊の隊長オード中尉(ジョン・エリクソン)は、部下を率い、白人に抵抗する酋長・黒鷲らのショショネ族の野営地を急襲、小鹿という名の美しいインディアン娘を救った。小鹿は黒鷲の妻にされるべく掠奪されてきていたのだったが、オードは彼女を砦の老軍曹アーシックの娘マリオンに預けることにした。ところがオードの留守中、新隊長としてデーン少佐が妻のシルビア(ローラ・オルブライト)を伴って着任していた。第一線の事情にうとい少佐は必要以上に軍紀の厳正を命じ、彼のやり方に反対したボイソン大尉を反逆罪で逮捕、護衛兵をつけて護送しようとした。オードはこの措置に反対したが、少佐は、かつての妻のシルビアがオードと恋仲であったことの嫉妬から命令を強行させた。果たしてボイソン大尉は護送の途中、ショショネ族に殺された。この事件でシルビアは、夫少佐に嫌気がさし、オードに昔のよりを戻し一緒にカリフォルニアへ逃げようと誘った。が、純真な小鹿を愛するオードは、シルビアの誘いを一蹴した。一方、大切な獲物を奪われた黒鷲は白人への復讐に燃えていた。オードの警告を無視しマリオンと兵2名を共に馬の遠乗りに出かけたシルビアは忽ちショショネ族に捕えられ黒鷲の隠れ家に連行された。デーン少佐はオードらを連れ黒鷲の隠れ家にやって来たが、折りから黒鷲は2人の白人女に拷問を加えようとしていた。少佐はシルビアを救おうと単身そこへ飛び込んだが、2人とも殺され、マリオンだけが危うく送れた。やがて黒鷲は騎兵隊に決戦を挑んできた。激しい銃撃戦のさい中、黒鷲をみつけたオードは、彼と一騎打ちの末、倒した。インディアンは潰走した。

「決戦オレゴン街道」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「決戦オレゴン街道」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1957
公開年月日 1958年3月7日
製作会社 アライド・アーチスツ映画
配給 アライド=映配
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「決戦オレゴン街道」のみんなのレビュー

「決戦オレゴン街道」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/13

キャンディス・アッコラ(1987)

デッドガール(2008)

学生たちが、廃墟となった病院に裸のまま繋がれていたいくら嬲っても死なない女に、凌辱を加える猟奇的なスリラー。2008年トロント国際映画祭などの映画祭で上映され、あまりにも異常な狂気が物議を醸した。監督は「チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと」(未)のマルセル・サーミエント。さえない学生を「赤ずきん」のシャイロー・フェルナンデスが、さえない学生が思いを寄せる女子を「オン・ザ・ドール」(未)のキャンディス・アッコラが、何をされても死なない女を本作が映画デビュー作となったジェニー・スペインが、女が死なないのをいいことに好き放題し次第に狂気に陥っていく友人を「LOOPER/ルーパー」のノア・セガンが演じる。
シオバン・ファロン(1961)

ホワッツ・イン・ザ・シェッド

「ブラッドナイト」のフランク・サバテラ監督によるホラー。スタンの家にある小屋から怪しげな声が聞こえてくるようになり、不審者を追い出そうと小屋の中に入った者が次々に八つ裂きに。友人のドマーは、これで嫌な奴らに仕返しができると言い出すが……。出演は「X-DAY 黙示録」のジェイ・ジェイ・ウォーレンほか。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハウス・ジャック・ビルト

第71回カンヌ国際映画祭に出品され、過激な描写で物議を醸したラース・フォン・トリアーの問題作。1970年代のワシントン州。建築家を志す独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように、殺人に没頭するようになる……。出演は「マイ・ライフ・メモリー」のマット・ディロン、「エレニの帰郷」のブルーノ・ガンツ、「ニンフォマニアック Vol.1」のユマ・サーマン。

NEW今日命日の映画人 5/13

ドリス・デイ(2019)

ニューヨークの大停電

クロード・マグニアの舞台劇を、この映画製作者で「マーメイド作戦」のエヴェレット・フリーマンと「ベン・ハー(1959)」のカール・タンバーグが脚色、「恐怖の蝋人形」のハイ・アヴァーバックが監督したコメディ。撮影は「レッド・リバーのガンマン」のエルスワース・フレデリックスのニューヨーク・ロケ、音楽は「卒業」のデーヴ・グルーシンが担当した。出演は「おしゃれスパイ危機連発」のドリス・デイ、「プレイラブ48章」のロバート・モース、「大進撃」のテリー・トーマス、「アルバレス・ケリー」のパトリック・オニールほか。製作は、脚本担当のエヴェレット・フリーマンとマーティン・メルチャー。

おしゃれスパイ危機連発

「独身アパート」のフランク・タシュリンとジェイ・ジェイソンが脚本を書き、タシュリンが監督したコメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「飛べ! フェニックス」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のドリス・デイ、「ハワイ」のリチャード・ハリス、「ねえ!キスしてよ」のレイ・ウォルストン、「アパートの鍵貸します」のジャック・クラシェンほか。製作はアーロン・ローゼンバーグとマーティン・メルチャー。

「決戦オレゴン街道」を観ているあなたにおすすめの映画