極つぶし

ごくつぶし
上映日
1994年10月15日

製作国
日本

上映時間
90分

ジャンル
アクション

ここが見どころ

元ヤクザの刑事と警官上がりの極道者の片破りなコンビが、巨悪を相手に戦う姿をハードボイルド・タッチで描くアクション。「リイドコミック」(リイド社・刊)で連載中の土山しげるの漫画を元に、「凶銃ルガーP08」の渡辺武が監督。脚本は石川雅也、撮影は今泉尚亮が担当。

「極つぶし」のストーリー

港署の犬神京太郎は元ヤクザの刑事。暴力団・常濃組若頭の花輪兆治は警官上りの男。互いに睨み合う2人が警視庁警視正・佐々木四郎の目に止まり、警察では手に負えない巨悪を葬る機密任務でコンビを組んだ。ターゲットは、常濃組を潰し麻薬密輸を企む嶋岡組を影で操るエリート商社マン・増田俊介と、その背後にいる黒幕。彼らのために花輪は若い組員・園田と、組長の常濃を失い、また自らも殺し屋リサに命を狙われた。犬神も新種の麻薬の凶悪さをよく知っていた。彼は花輪に銃を奪われ一緒に逃走する羽目になり、その過程で嶋岡組長を追い詰め真相を聞き出そうとするが、後を追って来た汚職刑事・望月に嶋岡は殺され、その嶋岡殺しの汚名を2人は着せられてしまう。絶対絶命の2人を助けたのが佐々木だった。犬神はリサの後を、花輪は増田の後を追って背後の黒幕が政界の大物議員・塚原であることをを聞き出す。翌朝、麻薬の取引現場の採石場に、犬神と花輪は巨大ショベルカーを利用して突入。常濃組組長の娘・香織を人質にされるが、激しい銃撃戦の末、塚原を倒す。自らの手で増田を殺し、死に場所を探して佐々木の命を狙ってきたリサも犬神の手により死んでいった。こうして、強力な″極つぶし″のコンビが誕生した。

「極つぶし」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「極つぶし」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 日本
製作年 1994
公開年月日 1994年10月15日
上映時間 90分
製作会社 ケイエスエス作品(企画=ヒーロー/制作エクセレントフィルム)
配給 ケイエスエス
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「極つぶし」のみんなのレビュー

「極つぶし」のレビューを書く

「極つぶし」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません