• TOP
  • 結婚哲学

結婚哲学

けっこんてつがく THE MARRIAGE CIRCLE
製作国
アメリカ

上映時間
86分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

オーストリーの首府ウィーンを背景とした結婚問題劇で、ロタール・シュミットの原作を、パウル・ベルンが脚色し、エルンスト・ルビッチが「ロジタ(1923)」に続いて第2回米国作品として監督したものである。出演は「本町通り」のフローレンス・ヴィダー、「本町通り」「舞姫悲し」のモント・ブルー、「結婚とは」「女は曲者」のマリー・プレヴォー、「巴里の女性」「世界の喝采」のアドルフ・マンジュウ、「女の魅力」のクレイトン・ヘール等。
オーストリーの首府ウィーンを背景とした結婚問題劇で、ロタール・シュミットの原作を、パウル・ベルンが脚色し、エルンスト・ルビッチが「ロジタ(1923)」に続いて第2回米国作品として監督したものである。出演は「本町通り」のフローレンス・ヴィダー、「本町通り」「舞姫悲し」のモント・ブルー、「結婚とは」「女は曲者」のマリー・プレヴォー、「巴里の女性」「世界の喝采」のアドルフ・マンジュウ、「女の魅力」のクレイトン・ヘール等。

「結婚哲学」のストーリー

ストック教授は結婚生活に嫌悪を覚えていた際とて、若く浮気な妻のミッツィが、彼女の親友シャーロットの友フランツ・ブロウンに近付いて行ったとき、離婚の材料ができるとかえって喜んだぐらいであった。シャーロットは夫のフランツを深く愛している。愛しているだけに嫉妬も強かった。一寸の争いからフランツが家を飛び出した後へ、かねてシャーロットを恋していたフランツの友グスターヴ・ミューラーが来て彼女に接吻したが、彼女は夫を愛しているとて彼を拒けた。一方フランツはミッツィに誘われたが、彼も妻を愛しているとて彼女のもとを去った。しかしシャーロットは夫とミッツィとの仲を誤解したが、ミッツィから夫に宛てた恨みの手紙を見て、夫に後ろ暗いところのないのを知った。1度は破れようとした2人の仲は幸福にかえったが、ミッツィとミューラーの新しい友情はまだストック教授をして望み通りの離婚を得させるほど激しいものではなかったのである。

「結婚哲学」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「結婚哲学」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1924
上映時間 86分
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 松竹映画
レイティング
アスペクト比 1:1.33
カラー/サイズ モノクロ

「結婚哲学」のみんなのレビュー

「結婚哲学」のレビューを書く

「結婚哲学」の関連作を観る