結婚十字路

けっこんじゅうじろ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「夕陽特急」「結婚クーデター」と同じくウィリアム・パウエルとマーナ・ローイが主演する映画で、フェレンク・モルナール作の喜劇を「俺は善人だ」「ますらを」のジョー・スワーリングが脚色し、「夜は必ず来る」「ターザンの逆襲」のリチャード・ソープが監督に当たり、「椿姫」のウィリアム・ダニエルスが撮影したもの。助演者は「男の魂(1935)」「仇敵」のフローレンス・ライス、「心の痛手」「小牧師(1934)」のジョン・ビール、「夕陽特急」のジェシー・ラルフ、「黄金(1936)」のキャサリン・アレクサンダー、エドガー・ケネディ等である。

「結婚十字路」のストーリー

マーギットはブライ夫人の後援を得て洋裁店を開いていた。妹アイリーンには母の決めた許婚ワルドがあり、マーギットはこの二人を結婚するまで引き取って養っていたが細かな日常生活にも一々干渉するので、二人にはまるで自由な時がなかった。ところがワルドの知己に画家のチャリー・ロッジがいた。彼は自動車に引かせた移動家屋を住まいとし、気ままな放浪者だった。マーギットに束縛されている二人はチャーリーの自由な生活に魅力を感じてしばしば彼を訪れた。そして映画女優志望のアイリーンにチャーリーは稽古をつけているうちに、愚図で善良なワルドの弱気にあきたらぬアイリーンは次第にチャーリーの自由で男らしい性格に惹きつけられた。妹の態度に不審を抱いたマーギットは、以前警官であった探偵社の執事キイウに命じて彼女の行動を探らせるがらちが明かないので、単身チャーリーのもとを訪れて彼に妹から遠ざかってくれと頼んだ。チャーリーは別にアイリーンを愛してもいないし、また内心では彼女は本当にワルドを恋していることを知っていたが、一目見てマーギットを好きになった彼は、もしマーギットが画のモデルとして毎日来てくれればアイリーンから手を引くと申し出たので止むなく彼女はそれを承知した。そうして毎日逢っていると、いつしか彼女はチャーリーを好きになったが自分ではそれによく気がつかない。どこまでも礼儀を知らない野蛮な人間だと思い込んでいるのだった。ブライ夫人はチャーリーと昔からの知り合いで、二人の様子を見てはマーギットの心を察してにやにや笑うのだった。チャーリーはワルドに向かってアイリーンの愛を取り戻すためには男らしい勇気を見せればよい、彼女の前で自分を殴りつけよと教えたが、どうしてもワルドにはその勇気がない。そこでチャーリーは考慮をめぐらして、自分とアイリーンとの結婚を発表した。ブライ夫人を始め、チャーリー前夫人や、酒場の亭主や街の無頼漢どもが小さな箱の移動家屋にいっぱい集まった。マーギットはこの結婚を取り止めさせるために駆けつけたが、どうやらもう手遅れであるらしい。そこへ果たしてチャーリーの予想通り自棄になったワルドが酒の勢いを借りてお祝いに乗り込んだが、花嫁姿のアイリーンを見ると、たちまちチャーリーを殴りつけ花嫁をさらって行った。車の中は大騒ぎ。人々が入り乱れて殴りあう中でチャーリーとマーギットは初めて相抱いたのである。

「結婚十字路」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「結婚十字路」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1937
製作会社 M・G・M映画
レイティング

「結婚十字路」のみんなのレビュー

「結婚十字路」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。