• TOP
  • 結婚しない女

結婚しない女

けっこんしないおんな
上映日
1978-08-05

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

現代のマンモス都市ニューヨークを舞台に、そこに生きる男と女の心のふれあい、孤独などを描く。製作は「グリニッチ・ビレッジの青春」のポール・マザースキーとトニー・レイ、監督・脚本はポール・マザースキー、撮影はアーサー・J・オーニッツ、音楽はビル・コンティ、編集はスチュアート・H・パップ、衣裳はアルバート・ウォルスキー、メーキャップはマイク・マッギー、キャスティングはジュリエット・テイラーが各々担当。出演はジル・クレイバーグ、アラン・ベイツ、マイケル・マーフィ、クリフ・ゴーマン、パット・クィン、ケリー・ビショップ、リサ・ルーカス、リンダ・G・ミラー・アンドリュー・ダンカン、ダニエル・セルツァー、ペネロープ・ルッシアノフなど。
現代のマンモス都市ニューヨークを舞台に、そこに生きる男と女の心のふれあい、孤独などを描く。製作は「グリニッチ・ビレッジの青春」のポール・マザースキーとトニー・レイ、監督・脚本はポール・マザースキー、撮影はアーサー・J・オーニッツ、音楽はビル・コンティ、編集はスチュアート・H・パップ、衣裳はアルバート・ウォルスキー、メーキャップはマイク・マッギー、キャスティングはジュリエット・テイラーが各々担当。出演はジル・クレイバーグ、アラン・ベイツ、マイケル・マーフィ、クリフ・ゴーマン、パット・クィン、ケリー・ビショップ、リサ・ルーカス、リンダ・G・ミラー・アンドリュー・ダンカン、ダニエル・セルツァー、ペネロープ・ルッシアノフなど。

「結婚しない女」のストーリー

ニューヨーク。現代。ウォール街の取引所で働いているマーティン(マイケル・マーフィー)は妻エリカ(ジル・クレイバーグ)と結婚してから16年、高校に通っている15歳の娘パティー(リサ・ルーカス)がいる。エリカは画廊につとめていて、時々スー(パット・クィン)、エレイン(ケリー・ビショップ)、ジャネット(リンダ・G・ミラー)等親しい女友達と行きつけのバーで互いに打明け話をしていた。エリカのつとめている画廊の主人チャーリー(クリフ・ゴーマン)は好色漢で、時々エリカにチョッカイを出そうとしていた。ある日、エリカとマーティンがレストランで昼食を共にして、街を歩いていると、マーティンが突然泣き出し、1年前からマーシアという女教師と関係していることを打明ける。このマーティンの告白はエリカには大きなショックだった。マーティンと別れる決意をしたエリカはパティーにそのことを打明けるが、パティーは泣きだしもう2度と父親に会わないと決意する。マーティンと別れたエリカは、気が滅入るため、主治医のジェーコブス(ダニエル・セルツァー)に診てもらい、気晴らしに男性と遊ぶよういわれる。そんな時、パティーがボーイフレンドと寝室にいるのを発見し、思いあまって取引所にいるマーティンに相談に行くが、そこでマーティンが近くマーシアと結婚することを知る。その後、淋しさに絶えられなくなったエリカは女精神医タニア(ペネロープ・ルーシアノフ)に相談に行き、大いに飛びまわれとすすめられる。それから間もなくチャーリーをはじめ、中年の抽象画家ソール(アラン・ベイツ)との情事が始まった。ソールは9年間の結婚生活の経験があり、2児の父で、子供はバーモントに住んでいた。エリカは幸せだった。2人の生活も長く続きそうだった。ある日、偶然エリカはマーティンに会う。マーシアにすてられたので、もう1度エリカの許へ帰りたいというマーティンの願いをエリカはことわるのだった。夏が来た。ソールはエリカにパティーを連れて一緒にバーモントへ行かないかと誘うが、その前日にマーティンとの関係を忘れるために、新しいアパートに移ったエリカはことわる。ソールはバーモントに出発する日、もう1度エリカを誘うが、来ないことを知ると、ビルから綱で下された大きな自分の絵を彼女に贈り、出発していく。エリカは大きなカンバスを両手で持ちながら、自分のアパートに向った。

「結婚しない女」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「結婚しない女」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1977
公開年月日 1978-08-05
製作会社 20世紀フォックス作品
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「結婚しない女」のみんなのレビュー

「結婚しない女」のレビューを書く

「結婚しない女」をBlu-ray/DVDで観る

「結婚しない女」の関連作を観る