結婚春秋

けっこんしゅんじゅう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ジェーイ・ゲルザー氏作の小説に基づきエドワード・T・ロウ・ジュニア氏が脚色し「風薫る島」「断髪恥ずかし」等と同じくアラン・クロスランド氏が監督したもので、主役は「愁いの明星」「恋の鉄條網」等主演のアイリーン・リッチ嬢が演じ「職業婦人」「別荘の七怪人」等出演のクライヴ・ブルック氏が相手役で「断髪恥ずかし」等出演のルイズ・ファゼンダ嬢を始めポーリン・ギャロン嬢、レイモンド・マッキー氏、エドワード・マーティンデル氏、ヘレン・ダンバー嬢、ウィンター・ホール氏等が助演する。

「結婚春秋」のストーリー

ジョアン・トレヴォアは妖邪な性質の異母妹であるがために幸福を味わうことは殆どなかった。けれども妹ナタリーがパリに行き自らアランと恋を語るようになって、彼女の飢えた心は満足した。そうして結婚式の日になって、ナタリーはパリで離婚して帰って来た。ナタリーは姉の幸福が嫉ましかった。姉の幸福を破壊しようと決心した彼女は新婚旅行者を追跡して多勢の取巻連とともに邪魔をしに行った。新夫婦はやむなく山の小屋を逃れて自分の家に戻って来た。そうしてある日夫アランはスミスソンとの商談のために快走船に乗った。それはナタリーとその仲間の者共の遊び船でアランは体制のいい囚われの人となった。彼は遅れる由を妻に打電した。ジョアンは図らずも夫がナタリーと共に船にあることを知り痛める胸を抱いて父の家に身を隠した。無電でかくと知ったナタリーは姉を完膚なきまで侮辱しようと船上の愚連隊を引連れて姉を襲いアランを誘惑するのは朝飯前だと放言した。許し難い暴言と暴行とに怒心頭に発したジョアンは乗馬鞭を取ってナタリーを無感覚になるまで撲り据えた。嵐が起って海岸の町には被害があった。ナタリーと愚連隊は命からがら逃れた。ジョアンは改めて平和な新婚旅行に赴いた。

「結婚春秋」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「結婚春秋」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1925
製作会社 ウォーナー・ブラザース映画
レイティング

「結婚春秋」のみんなのレビュー

「結婚春秋」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/17

オリヴィア・ハッセー(1951)

マザー・テレサ

貧困と飢えに苦しむ人々のため、87年の生涯を捧げた伝説の修道女マザー・テレサの人生を映画化。テレサを演じるのは、「ロミオとジュリエット」で世界を魅了したオリヴィア・ハッセー。監督はイタリアでTVを中心に活躍するファブリツィオ・コスタ。

ナザレのイエス

2千年の歴史をもつキリスト教の原点であり到達点でもあるイエス・キリストに焦点を当て、キリストの波乱に富んだ生涯を描く。製作はサー・リュー・グレード、監督は「チャンプ」のフランコ・ゼフィレッリ、脚本はアンソニー・バージェス、スーゾ・チェッキ・ダミーコとフランコ・ゼフィレッリ、撮影はデイヴィッド・ワトキンとアルマンド・ナンヌッツィ、音楽はモーリス・ジャール、美術はジャンニ・クァランタ、衣裳はマルセル・エスコフィエとエンリコ・サバティーニが各々担当。出演はロバート・パウエル、オリヴィア・ハッセー、アン・バンクロフト、アーネスト・ボーグナイン、ジェームズ・ファレンティーノ、ジェームズ・アール・ジョーンズ、ステイシー・キーチ、ジェームズ・メイソン、イアン・マクシェーン、ローレンス・オリヴィエ、ドナルド・プレゼンス、アンソニー・クイン、フェルナンド・レイ、ロッド・スタイガー、ピーター・ユスティノフ、マイケル・ヨーク、シリル・キューサック、イアン・ホルム、ヨルゴ・ボヤジスなど。
ショーン・ビーン(1959)

ウルフウォーカー

過去三作がアカデミー賞候補になったカートゥーン・サルーンが、アイルランドの伝説を題材に作り上げたアニメーション。オオカミ退治のハンターを父に持つロビンは、人間とオオカミが一つの体に共存する“ウルフウォーカー”のメーヴと友だちになるが……。声の出演はNetflix「クリスマス・プリンス」のオナー・ニーフシー、「オデッセイ」のショーン・ビーン。監督は「ブレンダンとケルズの秘密」、「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」のトム・ムーアがロス・スチュワートと共同で務めた。

ドローン・オブ・クライム

「サイレントヒル」シリーズのショーン・ビーン主演のスリラー。特集企画『のむコレ』にて上映。