軍用列車大爆破

ぐんようれっしゃだいばくは Wild Wind
製作国
アメリカ ソ連 ユーゴスラビア

ジャンル
戦争 アクション

ここが見どころ

ナチス支配下のユーゴを舞台に描く戦争アクション。製作はイカ・パナジョトヴィチ、エグゼクティヴ・プロデューサーはドラガン・ヴォスノーとヴィクター・タラノフ、監督はアレックス・ペトコー、脚本はイカ・パナジョトヴィチ、撮影はヴァディム・ジャコヴルジェフ、音楽はエヴジェンジ・ドガ、編集はマーク・マノス、美術はメナムヤ・パトロヴィック、ニコラス・アポストロリディが担当。出演はジェイ・ノースほか。

「軍用列車大爆破」のストーリー

1943年、ナチス・ドイツ軍は、東欧諸国はもとよりソヴィエト連邦まで侵攻していた。同じ年、北アフリカのアメリカ軍基地では情報部のキーガン少佐を中心に東ヨーロッパ攻撃に関する作戦が進められていた。まずは東部戦線最大の燃料集積所であるプロエスチを空陸から攻めること。これは偽装攻撃で、真の狙いはユーゴスラヴィアのスロドール峠。ここを走る鉄道を破壊することで東欧からソ連まで進攻したドイツ軍のバルカンヘ至る道を寸断しようというのだ。この作戦のコードネームは“ワイルド・ウィンド”。早速打ち合せをするのは、ユーゴに入り込むことになるクラーク少佐、レンジャー部隊のウェイン大尉、ほか。ユーゴでは、若者がドイツ軍に協力する一方で、共産ゲリラがナチスおよび民兵を攻撃、国民は二つに分断されている状況だった。スロドール峠近くの村では、パルチザン、アメリカ人、ロシア人を狩り出したものには賞金が出るという通達が回る。そこに新司令官ネスロヴィッチ少佐(ジョージ・モンゴメリー)が、民兵を満載した列車でやってくる。彼はナチスの責任者ミュラー大尉に報告した。ゲリラのシンパの死体と捕虜であるロシア人の囚人2人を指令部に送るネストロヴィッチ。しかし、彼は、その直後、ゲリラに秘密を通信する。彼こそ、米軍のクラークだったのだ。ゲリラは、捕虜のソヴィエト人将校ニコライ(ヴィクトール・プロスクリン)とロシア人女性(スヴェトラーナ・トーマ)を奪い、銃撃戦になる。が、そこに、ゲリラ狩りに執念を燃やす賞金稼ぎ(スヴェトサール・チェトコヴィッチ)が現われ、ニコライだけが難を逃れた。パルチザンのリーダー、バボヴィッチ(スーザン・ジャニシジェヴィッチ)の元に戻ったゲリラとニコライ。ニコライは、バボヴィッチに協力を要請。ウェイン大尉が処刑されたものの、ゲリラの攻勢に転じて、ナチスのミュラー大尉も投降。ニコライ、バボヴィッチ、ネストロヴィッチおよび連合軍は大勝利を収めた。

「軍用列車大爆破」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「軍用列車大爆破」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争 アクション
製作国 アメリカ ソ連 ユーゴスラビア
製作年 1986
製作会社 ノーブル・フィルム・プロ=ユーゴ・フィルムナスダ=ソ連・モルダヴァフィルム作品
配給 ジョイパックフィルム
レイティング

「軍用列車大爆破」のみんなのレビュー

「軍用列車大爆破」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。