軍用列車(1975)

ぐんようれっしゃ
上映日
1976年2月14日

製作国
アメリカ

ジャンル
サスペンス・ミステリー

ここが見どころ

山岳砦救援のため白銀のロッキーを走る軍用列車内で展開するサスペンス・スリラー。製作総指揮はエリオット・カストナー、製作はジェリー・ガーシュイン、監督は「ブレイクアウト」のトム・グリース、原作・脚本はアリステア・マクリーン、撮影はルシエン・バラード、音楽はジェリー・ゴールドスミスが各々担当。出演はチャールズ・ブロンソン、ベン・ジョンソン、ジル・アイアランド、リチャード・クレンナ、チャールズ・ダーニング、ロイ・ジェンソン、ケイシー・ティッブス、アーチー・ムーア、ジョー・キャップ、エド・ローター、リード・モーガンなど。

「軍用列車(1975)」のストーリー

1873年、辺境ネバダの開拓町マートルに1本の臨時列車が止まった。70名の騎兵隊員と軍馬を乗せた合衆国陸軍徴用の軍用列車である。燃料補給を了え、2人の民間人、連邦保安官ネイサン・ピアース(ロイ・ジョンソン)、いかさまカードで彼に捕えられた賭博師ジョン・ディーキン(チャールズ・ブロンソン)が新たに乗り込んで列車は、一路ロッキー山間の要塞フンボルト砦に向けて出発した。列車には、ネバダ州知事フェアチャイルド(リチャード・クレンナ)、フンボルト砦司令官の娘マリカ(ジル・アイアランド)、軍医モリノー、従軍牧師ピーボディ、列車長オブライエン(チャールズ・ダーニング)、機関手バンロン(ロイ・ジェンソン)、火夫ジャクソン(ケイシー・ティッブス)、騎兵隊指揮官クレアモント少佐(エド・ローター)、副官ニューウェル中尉、オークランド大尉、軍曹ベリュー、通信兵ファーガソン、若い隊員ラファティ、料理人カルロス(アーチー・ムーア)、車掌ヘンリー(ジョー・キャップ)らが乗り込んでいた。列車の任務は、ジフテリア菌の蔓延で全滅しかかった砦の救出だという。砦には近くのカムストック鉱山から産出する金・銀が大量に貯蔵されていた。ところが、出発する際、将校2名が失踪したのに続いて雪原を爆走する列車内では不可解な事件が次々に起こった。夜陰に乗じて通信回路を切断し、続いてフェアチャイルドが謎のモールス信号を砦に向けて打った。しかし、砦でその通信を読んでいたのは脱走兵のリーダー、セップ・カルフーンとパイウート族の酋長ホワイト・ハンド。傍らに砦守備隊長スコルビ大佐が捕えられていた。列車が『ブレイクハート・パス』にさしかかった頃、火夫のジャクソンが転落死し、モリノー軍医が車室で死体となって発見された。さらに急坂に達したとき、突然兵士たちを乗せた後部の3輛が連結を解かれ、逆進。誰1人脱出出来ないまま、加速をつけた列車は千仭の谷底へ転落していった。いまはマリカによって自由になったディーキンは機関車の中から2人の将校の死体を発見。彼は砦へ向けて列車内の状況とは全く別の内容の通信を打った。『兵員列車切り離しは失敗』。それを読んだカルフーンは直ちにホワイト・ハンドと彼の戦士たちを峠へ差し向けた。一方、補給車の中へ侵入したディーキンは兵士用の棺、医療箱の中身がすべてレミントン・ライフル、弾薬類で占められていることを知った。突如、背後からカルロスが襲いかかったが、激闘数分後、カルロスは列車から谷へ転落していった。ここへ来てディーキンの推理は動かぬものになった。彼はマリカとクレアモント少佐を呼び、合衆国陸軍情報部員という自らの正体を打ち明けすべては知事、ピアース、オブライエン、カルフーン、パイウート族が結託した砦の金・銀乗取りの大謀略であり、伝染病というのは口実にすぎなかったことを暴露した。そのために、計画の邪魔になる人間は次々に消えていったというわけである。知事、保安官らがディーキンを捜し始めたと同時に、峠の彼方から、パイウート族の大群が襲撃してきた。列車を逆進させるディーキン、これを追うインディアン。スキーを見て雪原に飛び降りたディーキンとクレアモントは一目散に砦に向かい、部下たちを救出した。そしてカルフーンを血祭りにあげ、全速で峠に返した一行は、まずクレアモントがフェアチャイルドを倒し、ピアースとオブライエンがディーキンの銃弾に倒れた。

「軍用列車(1975)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「軍用列車(1975)」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1975
公開年月日 1976年2月14日
製作会社 ガーシュイン/カストナー・プロ作品
配給 ユナイト映画
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「軍用列車(1975)」のみんなのレビュー

「軍用列車(1975)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません